業界最高水準のインターネット割引 最大20,000 閉じる
 
現在地
ホーム自動車保険自動車保険の選び方自動車保険お役立ち情報 > 事故で車が全損になった場合

自動車保険お役立ち情報

事故で車が全損になった場合

事故で車が全損になった場合

事故で車が破損してしまうと

事故などで車が破損した場合、「全損」と判断されることがあります。

では、全損とはどのような状態のことをいうのでしょうか。

ここでは、万一、事故で車が全損になった場合にどうなるのか、その対応方法などについて解説します。

「全損」とは?

全損には「物理的全損」と「経済的全損」の2種類があります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

物理的全損

「物理的全損」とは、事故に遭った車が修理不可能な状態まで損害を受けてしまったことをいいます。全損と聞いて、多くの人が思い浮かべるのが、この「物理的全損」ではないでしょうか。

経済的全損

「物理的全損」とは異なり、車の修理が可能であるにも関わらず、全損とみなされる場合があります。「車の修理が可能なのに、全損とはどういうことだろう」と不思議に思われるかもしれません。

事故が起きた場合、必ずしも、修理費用の全額が保険金として支払われるわけではありません。修理費用が車の時価額を上回った場合には、車の時価額までしか保険金は支払われません。このような状態のことを「経済的全損」といいます。

例えば、修理に50万円かかる車の時価額が30万円だった場合、物理的に修理は可能ですが車の時価額より修理費用が高くなってしまうため、「経済的全損」と判断されます。

修理して乗り続けることはできるの?

全損になり、保険会社から保険金を受け取る場合、「物理的全損」「経済的全損」を問わず、車の所有権は保険会社に移ります。

そのため、物理的に修理が可能な「経済的全損」であったとしても、基本的にその車を修理して乗り続けるということはできません。

それでも、さまざまな理由により、そのお車を乗り続けたいという場合があるかもしれません。そんなときには、保険会社に相談をしてください。

「全損」に関係する保険について

アクサダイレクトでは「全損」に関連するものとして、以下の保険があります。

車両保険

車両保険とは、衝突や接触など、偶然な事故によりご契約のお車に損害が生じた場合に、損害額(修理費など)から免責金額を差し引いた額を保険金としてお支払いする保険です。お支払いする保険金は、1回の事故につき原則として保険金額が限度となります。なお、全損の場合は免責金額は差し引きません。補償される事故の範囲は、セットする車両保険のタイプで異なります。

アクサダイレクトでは2つのタイプの車両保険をご用意しています。ほとんどの事故に対応する一般車両保険(フルカバータイプ)と補償範囲を限定して保険料を抑えた「車対車+A」車両保険(スタンダードタイプ)です。

また、新たに車を取得する場合、車両本体価格以外に税金・諸費用がかかります。そのため、車両保険には「車両全損時臨時費用補償特約(5%)」が自動セットされています。

この特約では、ご契約のお車が全損となった場合、車両保険金とは別に保険金額の5%(10万円限度)の車両全損時臨時費用保険金をお支払いします。

車両保険 車両保険

地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約

車の損害は、交通事故に起因するものだけではありません。地震や津波などが原因で車が全損となることもあります。しかし、通常の車両保険では、地震や噴火、また、これらによる津波によって生じた車の損害は補償されません。こうした損害に備えるのが、アクサダイレクトの「地震・噴火・津波危険『車両全損時一時金』特約」です。

この特約は被災されたお客さまが生活に欠かせない移動手段を確保するための補償です。

「地震・噴火・津波危険『車両全損時一時金』特約」をセットすることで、通常の車両保険では補償されない地震・噴火またはこれらによる津波で、ご契約のお車が全損となった場合、記名被保険者が中古車購入等生活再建のために臨時に必要とする費用に対し、50万円(*)を一時金としてお支払いします。

なお、この特約における全損は、先述の「物理的全損」「経済的全損」とは異なる基準で、約款に定められています。詳しくはこちらこちらをご確認ください。

車両保険金額が50万円未満の場合は、車両保険金額と同額が支払われます。

大規模地震が発生した場合など、引受を制限させていただくことがあります。

地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約 地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約

対物全損時修理差額費用補償特約

事故が起きて、全損となる可能性があるのは自分の車だけではありません。相手方の車が全損と判断される場合もあります。

相手の車の補償をするのは、自分の自動車保険の「対物賠償保険」となりますが、たとえ対物賠償保険を無制限に設定していたとしても、相手の車の修理費用が全額まかなえるわけではありません。

対物事故における相手の車の修理費が時価額を超えた場合、その超過した額は法律上の賠償責任が発生しません。

そのため、保険会社の対物賠償保険でも補償することができません。

しかし、「対物全損時修理差額費用補償特約」では、修理費と時価額の差額部分に責任割合を乗じた額を1回の対物事故で、相手方の車1台につき、50万円を限度として保険金をお支払いすることができます。

アクサダイレクトの自動車保険では「対物全損時修理差額費用補償特約」をセットすることで、超過した額も補償の対象となりますので、円満な事故解決のお役に立ちます。

対物全損時修理差額費用補償特約 対物全損時修理差額費用補償特約

万一に備えて自動車保険の知識を身につけよう

事故や自然災害で車の損害がいつ発生するかは予測できません。車が全損となってしまい慌てることがないように、万一に備えて普段から自動車保険の知識を身につけておきましょう。

本ページに掲載の情報は、一般的な情報提供を目的とするものであり、文中で説明している保険の種類や補償内容は当社が提供する保険商品にもとづきます。保険会社が提供する保険商品ごとに補償内容は異なります。

記載の情報は2018年7月時点の内容です。

ページトップへ

ページの先頭へ