自動車保険

自動車保険お役立ち情報

似ている道路標識の
おさらい

似ている道路標識のおさらい

道路標識にはさまざまな種類があります。数が多いため、間違えやすい道路標識も存在します。安全に道路を走行するため、それらについて改めて確認しておきましょう。

道路標識の種類

道路に設置されている標識には、「本標識」と「補助標識」があります。「本標識」は、案内標識、警戒標識、規制標識、指示標識の4つに分けられます。「補助標識」は、本標識の意味を補足するものとして、本標識の下に取り付けられています。

ここでは、4つの「本標識」について、それぞれの特徴をご説明します。

道路標識の種類

国土交通省のウェブサイト(http://www.mlit.go.jp/road/sign/sign/douro/road-sign.htm)の情報をもとに作成しています。

①案内標識

目的地の方向や距離など、経路を案内するための標識です。そのほか、現在地を示すものや道路の施設を案内するものなども、この案内標識に含まれます。主に青地に白文字で目的地などが表示されており、高速道路上では緑地に白文字で表示されています。

②警戒標識

「すべりやすい」、「右カーブあり」など、走行中の道路の先に危険な場所があることや、注意が必要なことを喚起する標識です。主に黄色地に黒文字で表示されています。

③規制標識

「進行方向別通行区分」や「Uターン禁止」など、運転する際に守らなければならないルールを表す標識です。主に赤、青、白色で表示されており、禁止、規制、制限すべき内容などを表示しています。

④指示標識

走行する道路にどのような決まりがあるかを知らせるための標識です。主に青地に白文字で表示されています。道路標識は以下のように意味を連想させる色を効果的に使っているため、色の印象からどのような意味の標識なのかを推測することができます。

禁止、警告

危険、注意

指示、誘導

間違えやすい道路標識

規制標識や指示標識には似たものが多いですが、形や色の意味を意識しておくと見分けやすくなります。
実際に、見た目が似ている道路標識を見比べてみましょう。

見た目が似ていて
意味が異なる道路標識

矢印のみの標識

矢印のみの標識

青と白、そして矢印だけで構成されている標識は、特に見た目が似通っていることから、意味の違いがわかりにくい標識です。(a)は「指定方向外進行禁止」で、この標識がある場所では指定方向外に進行してはならないことを表します。(b)は「一方通行」を表す標識です。

また、道路標識ではありませんが、(b)の色を反転させた、白地に青の左矢印が描かれた「常時左折可」を意味する標示板もあります。

人が描かれている標識

人が描かれている標識

上記の標識はいずれも人が2人で歩いているイラストが描かれていますが、それぞれ別の意味をもちます。(c)は「歩行者専用」の道路であること、(d)は「横断歩道」があることを表しています。(e)は「学校、幼稚園、保育所あり」の警戒標識で、子供の飛び出しなどを注意喚起するためのものです。

形が同じで色が異なる標識

形が同じで色が異なる標識

この2つの標識の形は同じですが、色が異なることで、その意味も異なります。白地に赤の(f)は「車両通行止め」、青字に赤の(g)は「駐車禁止」の標識です。

見た目も意味も似ている道路標識

標識の中には見た目も意味もよく似ているものがあります。

見た目も意味も似ている道路標識

上の3つの標識は、赤色が使用されているため、すべて何かを「禁止」する意味をもちます。

(h)は「車両進入禁止」を表す標識です。主に一方通行の出口に設置されていることが多く、その名称のとおり、車両がその方向に進入できないことを意味します。禁止を示す赤地に、遮断機のように進路を塞ぐイメージの白線が横に引かれています。

(i)は「車両通行止め」の標識で、主に歩行者専用道路などに設置されています。一方通行の出口などに設置される「車両進入禁止」とは異なり、道路のどちら側からも車両は通行することができないことを意味します。

(j)は「通行止め」を表す標識です。歩行者も含め、車両、路面電車などすべてが通行することができないことを意味します。運転免許を持っていない人でもその意味がわかるよう、「通行止」の文字が記載されています。

見た目も意味も似ている道路標識

この標識はそれぞれ、駐車禁止、駐停車禁止を意味する標識です。どちらも青字に赤い斜線が引いてあり、車を停めることを禁止するものですが、線の数によってその制限の強さが異なります。赤い斜線が1本の(k)の標識が設置されている場所では駐車ができません。線が2本になる(l)の標識が設置されている場所では、駐車も停車も禁止されています。

見た目も意味も似ている道路標識

この標識でポイントとなるのは、数字を挟むように描かれた青い三角形の位置です。三角形の位置が上下にある(m)の標識は「高さ制限」、三角形の位置が左右にある(n)の標識は「横幅制限」があることを意味します。

青い三角形に挟まれている数字は、それぞれの制限値を示しています。

道路標識の意味を確認しておきましょう

道路標識は道路交通の安全と円滑を確保するために設置されているものです。

通行を規制している標識の意味を間違えて、進入してはいけない道路に入ったり、駐車してはいけない場所に車を停めてしまうと交通違反になります。場合によっては事故につながる恐れもあります。

道路標識の意味を正しく理解しているか、改めて確認しておきましょう。

前へ 自動車保険お役立ち情報

本ページに掲載の情報は、一般的な情報提供を目的とするものです。必ずしも正確性、妥当性を保証するものではありません。

記載の情報は2018年8月時点の内容です。

おすすめ記事

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。