自動車保険

車両保険ガイド

車両保険に関する知識や、車両保険を選ぶ際のポイントをご紹介します。

車両保険とは

ご契約のお車が偶然な事故により損害を被った場合に、その損害を補償するものです。車両保険には、一般型と限定型の2つのタイプがあり、補償範囲に違いがあります。
アクサダイレクトでは、一般型を一般車両保険、限定型を「車対車+A」車両保険と呼んでおり、それぞれのタイプで補償される例は以下のとおりです。

「車対車+A」車両保険で補償

車同士の衝突・接触事故でお車に損害が発生した場合の修理費用、盗難や落書き、いたずらの被害にあった場合 など

一般車両保険で補償

上記にあげた事故のほか、ガードレールへの接触や電柱への衝突などの単独事故や、ほかの車との接触で相手が不明となってしまったあて逃げ事故 など

車両保険で補償される事故の詳細はこちら

車両保険の役割

車両保険は、偶然な事故により、あなたの大切なお車に傷がついたり壊れてしまった場合に、その損害を補償するものです。
車同士の衝突や、単独事故、あて逃げ事故など、事故にはさまざまな種類があります。
車両保険には2つの種類があり、どの車両保険をセットするかによって、補償される事故の範囲が異なります。

車両保険って必要? 車両保険って必要?

車両保険は本当にセットした方がよいのでしょうか?車両保険は、自然災害、盗難・いたずらなどでの車両損害による修理費はもちろん、車同士の事故で過失があると判断された場合の自己負担分の修理費など、思いがけない出費にも備えることができます。

車両保険の選び方

一般車両保険と「車対車+A」車両保険のどちらを選ぶべきかのポイントはどこにあるのでしょうか。車に乗る目的や頻度、ローンの有無、経済状況や運転歴などにより、車両保険を選ぶときの考え方はさまざまです。自分にぴったりの選び方を考えていきましょう。

車両保険の補償範囲

事故の種類には、車同士の衝突・単独事故・あて逃げ事故などの車両事故、大雨などの自然災害、いたずらなどさまざまなケースがあります。ここでは、事故の種類から補償できる車両保険のタイプを詳しくご紹介します。

車両保険を使ったら

保険を使用すると、保険料の割増引率に影響する「等級」「事故有係数」が変わるため、次年度の保険料は高くなります。車両保険を使った場合に等級はどのくらい下がるのでしょうか?ここでは、等級と保険料への影響をご説明します。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。