自動車保険

車両保険の補償内容を知っておこう
(自然災害編)

大雨や洪水の場合

大雨や洪水により車に損害が発生した場合の補償をご説明します。

大雨や洪水による被害

近年の雨による被害として、河川の氾濫や土砂災害、短時間かつ狭い範囲で観測される局地的集中豪雨(ゲリラ豪雨)による被害が目立ってきています。

大雨や洪水によって車が被害を受けるケースは、主に以下のようなものがあります。

ゲリラ豪雨の発生で、道路が冠水し車が水没した

ゲリラ豪雨の発生で、
道路が冠水し車が水没した

大雨による土砂崩れで、車が押し流された

大雨による土砂崩れで、
車が押し流された

洪水で車が流され、損傷した

洪水で車が流され、
損傷した

例えば、大雨によって道路が冠水し車が水没すると、エンジンや電気系統のトラブルが起こることがあります。また、車の水没により室内に泥やゴミを含んだ水が浸入すると、掃除をしても汚れを取ることができず悪臭の原因となり、専門業者によるクリーニングが必要となることがあります。
この他にも洪水や土砂崩れが発生し、車が流されるなどの被害によって、傷やへこみなどの損傷を受けるおそれがあります。

大雨や洪水による被害に備えるために

土砂崩れによる災害や、道路の冠水など、郊外・都市部、低地・高地を問わず雨による災害は様々なところで発生しています。
大雨や洪水による車の損害は、一般車両保険・「車対車+A」車両保険のいずれでも補償されます。

一般車両保険
(フルカバータイプ)
「車対車+A」車両保険
(スタンダードタイプ)
大雨や洪水による損害 ◯ ◯

大雨やゲリラ豪雨による被害から大切なお車を守るため、車両保険のセットをお勧めします。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。