自動車保険

自動車保険お役立ち情報

車両保険って必要?
車両保険の役割や保険料の決まり方などをご紹介

車両保険って必要?車両保険の役割や保険料の決まり方などをご紹介

自動車を購入したら、誰もがドライブしたりお買い物に行ったりと…夢がふくらんでワクワクするものですね。しかし、ご自身がどれだけ注意深く運転していても事故にあってしまうことはあるものです。事故にあうと、ご自身や同乗者、相手方のケガも気になりますが、ご自身のお車の損害も気になるのではないでしょうか?

このようなときに役立つのが「車両保険」です。ただ、役に立つのは分かっていても車両保険をつけると保険料が上がってしまうのも気になるところです。この記事では、車両保険とはどんなものか?と、車両保険が必要かそうでないかを判断するポイントなどについてご案内します。

車両保険とは?

車両保険とは、ご自身の財産であるお車の損害を補償するものです。任意で加入する自動車保険の基本となる補償ですが、補償をつけるかどうかを選択することができます。
具体的には、以下の損害に対する補償が挙げられます。

  • 車同士の事故による損害
  • 洪水や台風、火災などによる損害
  • 盗難やいたずらによる損害
  • 単独事故やあて逃げによる損害

事故でお車を買い替えなければいけなくなったことを想像してみましょう。
まだ前のお車のローンが払い終わっていなければ、新たなお車のローンとの二重で支払いが必要になってしまいます。ローンがなかったとしても、事故にあったときのためだけに貯金をしている方はあまりいないでしょうから、他に使うはずだったお金が減ることになってしまいます。このように、事故でお車を買い替えることになった場合、家計にとっての一大事になりかねないのです。
ただでさえ事故にあって気持ちも落ち着かないところに、こうした家計の一大事が加わってしまうことを避けるためにも、車両保険に入ることには意味があるといえるでしょう。

車両保険をつけた場合、どんな要素で保険料が変わるの?

車両保険をつけた場合、どんな要素で保険料が変わるの?

自動車保険の加入を考えるうえで、万一の事故に対して幅広く補償をつけようにすると保険料は上がる傾向であり、車両保険をつけることも保険料が上がってしまう大きな要因となります。
では、どのような要素によって保険料が決まるのか、また、車両保険をつける場合にどのようなポイントを押さえておけばよいのかを確認していきましょう。
ご自身の望む補償内容や保険料のバランスが合っているのかを考えるときの参考にしてください。

等級による影響

みなさんは「保険を使うと等級が下がってしまう」といった話を耳にしたことはないでしょうか?車両保険はもちろん自動車保険の保険料が決まる際、この「等級」は大事な要素となります。

自動車保険には「ノンフリート等級別料率制度」というものがあり、ご契約のお車ごとの事故の実績を反映するようになっています。初めての契約は6等級(または7等級)からとなり、1年間無事故であれば翌年に等級は上がりますが、事故があれば逆に等級は下がります。この制度は自動車保険全体に適用されるものなので、車両保険だけで保険を利用した場合にも当てはまります。そのため、事故で車両保険を使った場合にも、保険料が上がることになります。
なお、車両保険をつけた場合は、つけていない場合と比べて全体の保険料が上がっており、この等級が下がることによる保険料の増え幅も多くなってしまうため、事故で車両保険を使ったときの保険料負担がより大きく感じられるかもしれません。

車の型式による影響

スポーツカーか軽自動車といった自動車の種類(型式)によって保険料が異なることも自動車保険の特徴のひとつです。これは過去から蓄積された事故の実績に基づいて算定されているもので、ご自身のお車が型式別料率クラスのどのクラスに当てはまるかで決まります。

車両保険を考えるときの
押さえておきたい2つのポイント

では、ご自身にとって車両保険の必要かそうでないかを考えるときのポイントについて、整理してみましょう。

お車を購入する場合、必ずしも新車を選ばないこともあるでしょう。少し年代の古い車のシルエットがかっこよく、気に入ることもあると思います。「これだ!」と選んだお車が不慮の事故で損害が起き、修理が必要になったとしましょう。

ポイント1
車の時価について考えてみる

車両保険の保険金額はご契約時のお車の時価(型式や年代などを考慮した現在のお車の市場価格)を目安に決定されます。各保険会社で保険料を見積もるときには、型式や年代を元にだいたいの時価が提示されますので、そちらを参考にしてみましょう。

新車または高級車の場合

新車や高級車についてローンで購入して万一事故で全損になった場合は、ローンが残ることになります。一刻も早く元のキレイな状態に戻したいと思うものですが、その反面「購入額が高かったので余裕がない、修理費が高くて捻出できない」ということが考えられるかもしれません。その場合に備えて、車両保険をつけることは効果的といえるでしょう。

車両保険について加入条件が設定されている場合があるので、各保険会社の商品と補償内容をよく確認しましょう。

販売から10年以上経過している古い車の場合

販売から10年以上経過している古い車についても、車がキズつくなどの損害があった場合はできるだけ早く修理したいと思います。
しかし、前述したように車の時価で支払われる保険金の限度額が設定されているため、修理費が十分に支払われるかも確認する必要があるでしょう。仮に、時価がそのとき修理にかかる費用よりも大幅に低くなるように考えられるのであれば、車両保険をつけることにあまり意味がないと考えられるかもしれません。

このように考えると、ご自身のお車がどのくらいの時価なのかということは、車両保険をつけるか判断するポイントのひとつになります。

ポイント2
運転に不安がある場合

ポイント1で説明した車の時価とは別の面から、車両保険の必要かそうでないかを判断することもできるかもしれません。それは、運転の上手さや、運転に慣れているかといったドライバーの面から判断するということです。免許を取って間もなかったり、運転にあまり自信がないといった場合、運転に慣れている人に比べると接触・衝突のリスクが高いと考えられます。

これら2つのポイントを掛け合わせて、ご自身のお車に対して車両保険が必要なのか?を考えてみると、車両保険の必要性が判断しやすくなるでしょう。

納得できる保険料の車両保険を選ぶために

納得できる保険料の車両保険を選ぶために

ここまで、車両保険を考える上で注目する点や考えるときのポイントを整理してきました。さらに、車両保険には2つのタイプ「一般型」と「限定型」があり、加入を考える中で知っておきたい点です。それぞれ補償される事故の範囲と保険料が異なるので、どちらがよりご自身の心配事に備えられるか、確認しておくことが重要です。

「一般型」は、ほとんどの事故に対応する幅広い補償内容になっており、単独事故やあて逃げ事故なども含めて心配な場合に選ばれる傾向にあります。一方、「限定型」はその名前の通り補償の範囲を限定した内容です。一般型の補償範囲に含まれていた単独事故やあて逃げ事故については限定型では補償されないのですが、そのぶん、保険料を抑えることができます。

例えば、建物などが密集した地域や狭道、交差点が多い道を運転することが多い場合は、そうではない場合に比べて単独事故で車体にキズがつくなど接触・衝突のリスクは高いと考えられます。

また、運転技術に自信があり、日常生活での交通手段としては他にもあり、週末の買い物にお車を使用するなど頻度が低く走行距離も短い場合はリスクが低いと考えられるため、補償の内容を限定しても大丈夫だろうという判断もありうるでしょう。

このように、ご自身のお車の使い方や先ほど挙げた車両保険を考える上での2つのポイントをベースに、「一般型」と「限定型」のどちらを選んだ方がより良いか考えてみてはいかがでしょうか?

なお、事故で車両保険を利用するにあたり「免責金額(自己負担額)」というご自身で負担する金額が設定されている場合があります。その金額は保険会社によってそれぞれ異なる場合があるため、車両保険を考えるときにはあわせて、「具体的に●万円の修理代が必要になった場合、車両保険を使うとしたらいくらならご自身で負担してもいいか?」という視点で考えてみるといいでしょう。

「一般型」「限定型」という名称は、保険会社によって異なる名称の場合があります。

自分にぴったりな補償内容を考えて納得感のある保険料に

自分にぴったりな補償内容を考えて納得感のある保険料に

最後に、保険料が上がってしまうから車両保険の加入は見送るなど、保険料を抑えるために本当は欲しかった補償が得られないとなると、それは本末転倒になってしまいます。
一番大事なことは、ご自身が最適な補償を選んで、安心してカーライフを過ごすことではないでしょうか。

車両保険が必要かそうでないかを判断する際には、まずご自身のお車に関する心配事を整理してみませんか?その際、各保険会社には車両保険のお取り扱いについての適用条件などそれぞれ特徴があるので、確認してみましょう。何社かに見積りを依頼したり、詳しい人に相談をして納得できるものを見つけるようにするのもいいでしょう。もちろん、心配事が変わったときには改めて保険を見直すこともオススメです。

前へ 自動車保険お役立ち情報

本ページに掲載の情報は、一般的な情報提供を目的とするものです。各保険会社の商品内容や実際の保険金支払を保証するものではありません。

記載の情報は2021年1月時点の内容です。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。