自動車保険

自動車保険お役立ち情報

ウォッシャー液の補充方法(自分で行う方法)

ウォッシャー液の補充方法(自分で行う方法)

フロントガラスやリアガラスの汚れを落とすときに使用するウォッシャー液。
日頃からよく使うため、液切れを起こした経験がある方もいるでしょう。ここでは、ウォッシャー液の補充方法についてご紹介します。

ウォッシャー液とは?

ウォッシャー液は、車のフロントガラスやリアガラスの汚れを落とすための液体です。

ウォッシャー液には汚れを落としやすくする成分が含まれており、ガラス面に噴出させ、ワイパーを動かすことで汚れを落とし視界を良くします。

また、ウォッシャー液には、ガラスを傷つけないようにする役割もあります。ガラスは傷に強い性質がありますが、ウォッシャー液なしでワイパーを動かしてしまうと、ガラス面を傷つけかねません。ウォッシャー液を使用することで、ワイパーとガラス面の摩擦をできるだけ少なくし、傷から守る効果があります。

ウォッシャー液の入れ方

ウォッシャー液の入れ方

ウォッシャー液は、基本的にはガソリンスタンドやディーラーで補充することができます。しかし、ウォッシャー液さえ用意すれば、自分自身で補充を行うこともできます。

ここでは、ウォッシャー液の入れ方を見ていきましょう。

  1. 1

    事前準備

    ウォッシャー液は、主にカー用品店やホームセンター、インターネットなどで購入できます。補充の際は必ずエンジンを切り、ボンネットは支持棒でしっかりと固定しておきます。

  2. 2

    エンジンルーム内を確認

    ②エンジンルーム内を確認

    ウォッシャー液のタンクは本体が見えないことがありますが、目印として補充口キャップに水が噴射しているマークがついています。エンジンルーム内を見てもわからないときには、お車の取扱説明書をご確認ください。

  3. 3

    ウォッシャー液を入れる

    ウォッシャー液タンクの場所が確認できたら、補充口からウォッシャー液を入れてください。

ウォッシャー液を交換する場合

ウォッシャー液には用途に応じて、いろいろなタイプのものがあります。

ウォッシャー液がなくなったり少なくなってきたときには、基本的にはもともと入っているタイプのものと同じウォッシャー液を補充するのが一般的です。
しかし、別のメーカーや異なるタイプのウォッシャー液を使用したい場合は、混ぜると本来の効果が発揮されなかったり、故障の原因になる可能性もあるため、一度タンクを空にして液を入れ替える必要があります。

  1. 1

    事前準備

    交換するウォッシャー液と、ホース、バケツを用意します。

  2. 2

    ウォッシャー液を抜く

    ワイパーレバーを引き続けて、ウォッシャー液の量を減らします。ワイパーやモーターなどに負担がかからないよう、数回に分けて作業しましょう。

  3. 3

    ウォッシャー液タンクの洗浄

    ウォッシャー液がなくなったら、タンクを洗浄します。
    まずはタンクに水を十分に注ぎます。
    次に、用意したホースにも水を入れ、こぼれないようにホースの両端を指で押さえます。
    ホースの片側を、水がこぼれないようにタンクの補充口に差し込み、もう片方をタンクより低い位置に置いたバケツの中に入れます。こうすることで、タンク内の水がバケツに流れ出します。
    これを2~3回繰り返し、タンク内を洗浄します。

    ③ウォッシャー液タンクの洗浄
  4. 4

    ウォッシャー液を入れる

    ウォッシャー液タンクの洗浄が終わったら、新しいウォッシャー液を入れます。

ウォッシャー液の種類

ウォッシャー液には次のような種類があります。好みに合わせて選びましょう。

①ノーマルタイプ

洗浄成分が配合された一般的なウォッシャー液です。原液のまま使うものや、水で希釈するものがあります。

②撥水成分入りタイプ

水をはじく撥水成分が入っており、雨の日などはガラスに雨水が付着するのを防いでくれます。

③寒冷地仕様タイプ

雪や氷を溶かす能力が高く、寒冷地にお住まいの方やスノードライブなどに出かける方におすすめです。氷点下でもウォッシャー液が凍りにくいのが特徴です。

④その他

ガラスについた油膜を取り除く効果や、虫の死骸を取り除く効果があるウォッシャー液もあります。

ウォッシャー液が出ない場合の対処方法

ウォッシャー液が出なくなったら、まずは液切れではないかを確かめましょう。もし、液切れではないのにウォッシャー液が出ない場合は、次のようなトラブルが考えられます。

  • ウォッシャー液を送るホースが外れている
  • ウォッシャー液を送るホースが破損している
  • ウォッシャーノズルがつまっている
  • ウォッシャーポンプが故障している
  • モーターが故障している

ウォッシャー液が切れていないにも関わらず、液が出てこない場合は、整備工場などに相談して解決するようにしましょう。

前へ 自動車保険お役立ち情報

本ページに掲載の情報は、一般的な情報提供を目的とするものであり、車両の操作やトラブルの解消を保証するものではありません。車両の修理・整備などについては、最寄りのカーディーラーや整備工場にご相談されることをおすすめします。

記載の情報は2018年6月時点の内容です。

おすすめ記事

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。