自動車保険

自動車保険お役立ち情報

車の名義変更時に必要な委任状

車の名義変更時に必要な委任状

車の名義変更を行う際には、いくつかの書類が必要となります。今回は、その書類の1つである「委任状」についてご紹介します。

委任状とは

委任状は、車の名義変更を行う際、譲渡証明書とあわせて運輸支局への提出が必要な書類です。軽自動車の場合は必要ありません。委任状の様式は決まっており、国土交通省のウェブサイトからダウンロードすることができます。

譲渡証明書の書き方とサンプル

委任状の記入方法

委任状の記入方法は「誰が」名義変更の手続きを行うかによって、どの欄に誰の名前を書くのかなどが変わってきます。名義変更手続きは一般的に、車の元の所有者(譲渡人)か車の新しい所有者(譲受人)のほか、販売店や代行業者など代理人が行うことがあります。

委任状のサンプル

譲受人(車の新しい所有者)が手続きを行う場合

受任者(委任された人)は譲受人、委任者(委任した人)は譲渡人(車の元の所有者)となります。

  • 1

    受任者(譲受人)の住所・氏名などの情報を記入します。

  • 2

    名義変更の場合は、「移転登録」と記入します。

  • 3

    車検証などを見ながら自動車登録番号又は車体番号を記入します。

  • 4

    委任者(譲渡人)の住所・氏名などの情報を記入します。左右どちらに記入しても問題ありません。印鑑登録された実印を捺印します。

譲渡人(車の元の所有者)が手続きを行う場合

受任者と委任者が逆になります。受任者(委任された人)が譲渡人、委任者(委任した人)が譲受人です。

  • 1

    受任者(譲渡人)の住所・氏名などの情報を記入します。

  • 2

    名義変更の場合は、「移転登録」と記入します。

  • 3

    車検証などを見ながら自動車登録番号又は車体番号を記入します。

  • 4

    委任者(譲受人)の住所・氏名などの情報を記入します。左右どちらに記入しても問題ありません。印鑑登録された実印を捺印します。

販売店や代行業者などの代理人が手続きを行う場合

  • 1

    受任者(販売店や代行業者)の住所・氏名などの情報を記入します。

  • 2

    名義変更の場合は、「移転登録」と記入します。

  • 3

    車検証などを見ながら自動車登録番号又は車体番号を記入します。

  • 4

    委任者(譲渡人と譲受人)の住所・氏名などの情報を記入します。譲渡人と譲受人のどちらを右に記入しても問題ありません。譲渡人と譲受人どちらも、印鑑登録された実印を捺印します。

譲渡証明書と委任状はセットで使用します

委任状は譲渡証明書とともに、車の名義変更には欠かせない書類です。 譲渡証明書と同じく、不備があると運輸支局窓口などで手続きを受付けてもらえません。不備があった際にその場で書き直しや訂正ができないことも考えられるため、事前に記載内容をしっかりとチェックしておきましょう。

前へ 自動車保険お役立ち情報

本ページに掲載の情報は、一般的な情報提供を目的とするものであり、多くのケースに共通する書類の取り扱い方法や記入方法などを説明しています。また、公的機関等が発行している書類の形式・記載事項等は法令の改正等によって変更されることがありますが、本ページには変更に対応する義務が生じないものとします。

記載の情報は2018年7月時点の内容です。

おすすめ記事

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。