自動車保険

自動車保険お役立ち情報

自動車税・軽自動車税

自動車税・軽自動車税

車を所有することで生じる税金には、主に「自動車税・軽自動車税」「自動車重量税」「自動車取得税」の3つがあります。
ここでは、「自動車税・軽自動車税」について解説します。

自動車税・軽自動車税
とは?

自動車税・軽自動車税は車を所有していることに対する課税です。税率は所有している車の用途、種別や総排気量などによって決まります。

自動車税・軽自動車税の
納付

自動車税・軽自動車税ともにその年の4月1日時点での車の車検証上の所有者が納税義務者となり、4月から翌年3月分までの1年間分の税金を納付します。

自動車税・軽自動車税の納付先

自動車税と軽自動車税では納付先が異なり、自動車税は都道府県税、軽自動車税は市町村税となります。

納付のタイミング

納付方法は自治体により異なりますが、一般的に、自動車税・軽自動車税の納税通知書が4月下旬から5月上旬ごろに送付されてきます。車の所有者は5月末まで(*)に、金融機関やコンビニなどで税金を支払います。自治体によってはクレジットカードでの納付ができる場合もありますので、詳しくは納付先の自治体にお問合せください。

軽自動車税の納期は、原則として4月中ですが、条例で異なる納期限を定めることができ、多くの市町村では5月中となっています。

年度途中に取得(購入)した場合の納税

年度途中に車を取得(購入)した場合の自動車税は、登録の月の翌月から年度末までの分を月割で課税され、新車または中古車の新規登録の日に納付します。一方、軽自動車税は月割りの納税が廃止されており、年度の途中で取得した場合、次の4月1日以降に納税することになります。

自動車税率一覧

自動車税は、所有している車の用途や総排気量により、1年間の税率が決まります。乗用車における自動車税の税率は次の表のとおりです。

乗用車の自動車税率(年額)一覧
総排気量 自家用 営業用
1.0L以下 29,500円 7,500円
1.0L超~1.5L以下 34,500円 8,500円
1.5L超~2.0L以下 39,500円 9,500円
2.0L超~2.5L以下 45,000円 13,800円
2.5L超~3.0L以下 51,000円 15,700円
3.0L超~3.5L以下 58,000円 17,900円
3.5L超~4.0L以下 66,500円 20,500円
4.0L超~4.5L以下 76,500円 23,600円
4.5L超~6.0L以下 88,000円 27,200円
6.0L超 111,000円 40,700円

この税率表は、自動車税グリーン化特例の適用を受けない自動車の税率の抜粋です。

軽自動車税率一覧

軽自動車税は総排気量ごとの税率ではなく、車の用途ごとに一律となっています。軽四輪乗用車の税率は、次の表のとおりです。

自治体により異なる場合もありますので、詳しくは納付先の自治体にご確認ください。

四輪の軽自動車税率(年額)一覧
車の用途 平成27年3月31日以前に
新規検査を受けた車
平成27年4月1日以後に
新規検査を受けた車
自家用 7,200円 10,800円
営業用 5,500円 6,900円

この税率表は、自動車税グリーン化特例の適用を受けない軽自動車の税率の抜粋です。

自動車税・軽自動車税に適用されるグリーン化特例

排出ガス性能および燃費性能に優れた自動車の場合、その環境性能などについて所定の要件を満たすことで税金が軽減される措置がとられています。
一方で、新車新規登録などから11年を超えるディーゼル車や13年を超えるガソリン車・LPG車、はじめて車両番号の指定を受けてから13年を経過した軽自動車に対しては、税金が重課される措置がとられています。

このように、地球環境を保護する観点により自動車税・軽自動車税を軽減または重課することをグリーン化特例といいます。

自動車税・軽自動車税を延滞してしまったらどうなる?

自動車税や軽自動車税の納期限は、多くの自治体では5月末日となっています。税金を期限までに納めていないと「延滞金」(納付期限の翌日から日割計算)がかかります。
また、車検を受けるには自動車税・軽自動車税(延滞金がある場合は延滞金も含む)を納付していることが前提条件となりますので、延滞には注意しましょう。

車を手放す場合の手続きを忘れないようにしましょう

自動車税・軽自動車税は4月1日時点での所有者に課せられます。
車を廃車する場合は、抹消登録の手続きをしないと税金がかかり続けてしまいます。また、車を他人に譲った場合でも、名義変更をしないと前所有者に課税されてしまいます。
車を手放す際には、必要に応じて登録抹消の手続きや名義変更を行うようにしましょう。

前へ 自動車保険お役立ち情報

本ページに掲載の情報は、一般的な情報提供を目的とするものです。公的機関などが発行している書類の記載事項などは法令の改正などによって変更されることがありますが、本ページには変更に対応する義務が生じないものとします。

記載の情報は2018年9月時点の内容です。

おすすめ記事

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。