自動車保険

車両保険の補償内容を知っておこう
(自然災害編)

雹の場合

雹により車に損害が発生した場合の補償をご説明します。

雹による被害

雹による被害

雹(ヒョウ)は空から降ってくる5mm以上の氷の塊です。
日本全国で観測されますが、主に日本海側では冬に、関東地方などでは春から初夏にかけて多く降る傾向があります。

積乱雲の中で作られる氷の塊は、5mm未満の大きさのものは霰(アラレ)と呼ばれ、地上の気温が高ければすぐに溶けてしまいます。

しかし、雹は大きければ大きいほど溶けにくく、また落下速度も速くなることから、深刻な被害につながることがあります。
雹の落下速度は、直径が10mmで時速約50km、直径が50mmともなると時速は100kmを超えるといわれています。雹が車を直撃すると、フロントガラスが割れたり、ボンネットや天井に傷がついたりへこんでしまうこともあります。

雹による被害に
備えるために

雹による車の損害は、一般車両保険・「車対車+A」車両保険のいずれでも補償されます。

一般車両保険
(フルカバータイプ)
「車対車+A」車両保険
(スタンダードタイプ)
雹による損害 ◯ ◯

雹は1年を通していつでも降る可能性があり、その予測はなかなか難しいといわれています。
雹による被害から大切なお車を守るため、車両保険のセットをおすすめします。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。