自動車保険

車両保険の補償内容を知っておこう
(自然災害編)

車両保険で補償される自然災害について
ご説明します。

自然災害による損害も車両保険でカバーできる?

大切なお車が損害を被るのは、衝突、接触、盗難などの偶然な事故だけではありません。例えば台風や洪水といった自然災害によってお車が損害を受けることは十分考えられます。
そんなとき、車両保険をセットしていれば、万が一お車が損害を受けた場合でも補償されます。

車両保険で補償される
自然災害

自然災害によってご自身のお車が受けた損害は車両保険で補償されます。車両保険には大きく分けて、一般車両保険、「車対車+A」車両保険の2タイプがありますが、いずれの場合でも、以下のようなケースなどの自然災害でお車が損傷した場合も保険金が支払われます。

台風

台風による河川の氾濫で
車が水没した

土砂崩れ

土砂崩れで
車が押し流された

雹

雹(ヒョウ)の直撃を受けて
フロントガラスが割れた

ゲリラ豪雨

ゲリラ豪雨の発生で
道路が冠水し、
車が水没した

車両保険で補償されない
自然災害

自然災害のうち、地震・噴火またはこれらによる津波の被害は車両保険では補償されませんので、注意が必要です。

地震などで損害を被ったときに補償を受けるためには「地震・噴火・津波危険『車両全損時一時金』特約」をセットする必要があります。この特約をセットすることで、車両保険では補償されない地震などでマイカー(ご契約のお車)が全損となった場合、臨時費用として一時金が支払われます。

大規模地震が発生した場合など、引受を制限させていただくことがあります。

地震

地震

地震で建物が倒壊、車に瓦礫が
落下して全損となった。

津波

津波

地震による津波で、車が浸水し
全損となった。

噴火

噴火

噴火による噴石や火山灰で
車が全損となった。

自然災害の事例

さらに詳しく事例を見ていきましょう。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。