自動車保険

車両保険の補償内容を知っておこう
(車両事故編)

自損事故(単独事故)の場合

自損事故でお車に損害が発生した場合の
補償についてご説明します。

自損事故(単独事故)の具体例

自損事故とは、自分にすべての過失・責任がある、相手のいない単独の事故のことをいいます。
自損事故の具体例として、主に以下のようなケースがあります。

電柱にぶつかった

電柱にぶつかった

車庫などの壁にこすった

車庫などの壁に
こすった

ガードレールにぶつかった

ガードレールに
ぶつかった

スリップして道路標識にぶつかった

スリップして
道路標識にぶつかった

これらの例は相手のいない事故のため、お車の修理代はご自身で負担する事となります。このような場合、車両保険は使えるのでしょうか?

自損事故(単独事故)に備えるために

自損事故によるお車の損害は、一般車両保険で補償されます。

一般車両保険
(フルカバータイプ)
「車対車+A」車両保険
(スタンダードタイプ)
自損事故(単独事故)
による損害
◯ ×

「車両保険をセットしているから大丈夫」と思っていても、それが「車対車+A」車両保険である場合、自損事故は補償の対象となりません。自損事故による損害に備えるには、一般車両保険のセットが必要です。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。