自動車保険

地震でも車両保険は使えるのか?

震災が起きたときのために、保険でどのように備えておくべきか詳しくご説明します。

車の被害が多数発生した東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、多くの住宅や車に甚大な被害を及ぼしました。
車両保険では、台風や洪水、高潮などの自然災害による損害は補償されますが、地震・噴火またはこれらによる津波により被った損害に対しては補償されません。なお、車は火災保険で補償される家財の範囲には含まれず、地震保険でも補償対象になりません。

地震だけでなく、噴火も車両保険の補償対象外となりますので注意が必要です。近くの山が噴火し、その噴石が車に直撃してボディがへこんだり、塗装が剥げた場合でも、車両保険の補償範囲では保険金のお支払い対象になりません。それでは、地震・噴火またはこれらによる津波により車が破損した場合に対しては、どのようにして備えればよいのでしょうか?

地震に備えるために

地震に備えるために

通常の車両保険では、地震・噴火またはこれらによる津波によりマイカー(ご契約のお車)に損害が生じても補償されません。そこでアクサダイレクトでは、地震などでマイカー(ご契約のお車)に損害が生じたときにも補償が受けられるよう、「地震・噴火・津波危険『車両全損時一時金』特約」をご用意しています。

この特約をセットしているお車が、通常の車両保険では補償されない地震などで全損となった場合、中古車購入や生活再建のために臨時に必要となる費用に対し、一時金として50万円(*)をお支払いします。

車両保険金額が50万円未満の場合は車両保険金額と同額をお支払いします。

「地震・噴火・津波危険『車両全損時一時金』特約」の
補償範囲は?

アクサダイレクトの「地震・噴火・津波危険『車両全損時一時金』特約」では、車両保険では補償されない地震・噴火またはこれらによる津波により車が全損となった場合に一時金をお支払いする特約です。それぞれの事象で具体的にどのような範囲で補償されるか見ていきましょう。

地震

地震

東日本大震災クラスの強い揺れになると、道路に地割れが発生することもよくあります。その地割れに巻き込まれてしまって車が全損となってしまった、大きな地震の揺れで自宅や近所の塀が崩れて車に直撃して全損となってしまった、といった場合に保険金が支払われます。

噴火

噴火

噴火によって、噴石が近くに飛んでくることがあります。この石の大きさによっては、車に直撃すると大きなダメージを与える可能性も十分想定できます。例えば車の上部に大きなへこみができて全損となってしまった場合に、保険金が支払われます。

地震や噴火による津波

地震や噴火による津波

地震で津波が発生して車が水没してしまい全損になった、流失して発見されなかった場合などに保険金が支払われます。

一般車両保険および「車対車+A」車両保険をご契約されている場合のみセットできます。

大規模地震が発生した場合など、引受を制限させていただくことがあります。

全損とならない場合には保険金は支払われません。
地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約における全損とは、車両保険および車両全損時臨時費用補償特約(5%)における全損とは異なります。

詳しくは、こちらをご確認ください。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。