自動車保険

車両保険の補償内容を知っておこう
(車両事故編)

車同士の事故の場合

車同士の事故でお車に傷がついてしまった場合、
どのように補償されるのかご説明します。

車両保険と
対物賠償保険の関係

事故でご自身のお車に傷がついてしまった場合、その修理費はどのように補償されるかご存知ですか?

例えば、お客さまのお車が停車中に相手の車が追突し、相手に100%の責任がある事故の場合には、お客さまのお車の損害額については相手方の対物賠償保険から支払われます。
しかし、走行中に他のお車との接触・衝突した場合、双方に責任(過失)が発生することが多く、修理費の全額が相手方の対物賠償保険から支払われるわけではありません。

過失割合によって変わる
保険金支払金額

【一例】

事故状況:交差点における車同士の接触事故(1回目の事故)
ご契約のお車の修理費:100万円
過失割合:相手方の過失60%、ご契約者さまの過失40%

ご契約内容

一般車両保険 車両保険金額:200万円、免責金額:0万円(1回目),10万円(2回目以降)

ご契約内容

このような場合、保険金支払額は以下のようになります。

  • お客さまの車両保険より40万円
  • 相手の対物賠償保険より60万円

車両保険をセットしていない場合、上記の40万円についてはお客さま自身で負担する必要があります。
損害額が高額になればなるほど、また、ご自身の過失割合が多くなればなるほど、ご自身の負担は大きくなってしまいます。

車両保険をセットしていれば、保険金額を上限として、ご自身の負担分をカバーできるので安心です。

保険金支払いのタイミング

対物賠償保険の支払いは示談完了後

対物賠償保険の支払いは示談完了後

相手保険会社からの対物賠償保険金は、示談が成立し過失割合が決まってからでなければ受けとることができません。
例えば、車の修理が終わり、修理工場から修理費を請求されても、示談交渉中であるなどの場合は、相手方保険会社から支払いを受けることができません。そのため、ご自身でいったん修理費の全額を立て替えなければならない場合があります。

車両保険は示談完了前でも
支払われます

車両保険の場合は、示談完了前でも、お客さまのお車の損害額が確定し、保険金請求の意思が確認でき次第、迅速に保険金をお支払いいたします(*)

保険金のお支払い条件を満たしている場合に限ります。

このように、対物賠償保険と車両保険の保険金の支払いのタイミングは異なります。
突然の出費を心配することなく、ご自身のお車を安心して修理することができるように、車両保険をセットすることをお勧めします。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。