自動車保険

新車を購入したら車両保険はどう選ぶ?

新車購入時に車両保険のセットを検討いただく際のポイントをご紹介します。

大切な新車だから

アクサダイレクトでは新車を購入された際に、車両保険のセットを検討いただくことをおすすめしています。

車両保険のメリットは、衝突・接触などの偶然な事故や台風などの自然災害によりご契約のお車に損害が発生した際に、急な出費に迫られても、その修理費用が保険金でカバーされることです。

事故で大切な新車にキズがついてしまった場合、しっかりと修理をしたくても、費用が捻出できないこともあるかもしれません。また、全損となってしまった場合、同じ新車を購入するには高額な費用が必要となります。費用が足りず、再度同じように新車を購入できないかもしれません。そんな思いをしないためにも、新車を購入したら自動車保険に車両保険をセットしましょう。

車両保険には、一般車両保険と「車対車+A」車両保険の2つがあり、補償範囲に違いがあります。
アクサダイレクトでは新車を購入された方には、一般車両保険をおすすめしています。

一般車両保険を
おすすめする理由

単独事故のときにも安心

車の修理費用は思っていたよりも高額になるケースがあります。例えば狭い路地でガードレールなどにボディをぶつけてしまった場合、フロントドアからリアドアまでキズがついてしまうなど修理が広範囲になってしまうと、それだけ修理費用も高額になってしまいます。大切な新車ですから、お金の心配をすることなく、きれいに修理したい・・・こんなときに一般車両保険をセットしていれば、保険金で修理費用が補償されるので、急な出費で困ることもありません。

あて逃げなど相手が分からないときにも安心

「走行中に車をぶつけられ、相手が逃げてしまった」「駐車中の車にキズを付けられていた」といった、加害者が分からない事故などでご契約のお車に損害が発生した際は、相手に修理費の請求をすることもできません。一般車両保険では相手が特定できない事故でも、保険金で修理費用が補償されるので安心です。

一般車両保険(フルカバータイプ) 当て逃げ 電柱、ガードレール、車庫への衝突、接触 自転車との接触 その他の墜落・転覆 「車対車+A」車両保険(スタンダードタイプ) 火災・爆発 落書き、いたずら 窓ガラス破損 台風、竜巻 洪水、高潮 車同士(*1)(*2)の衝突・接触 飛来中・落下中の他物との衝突 盗難 *1 二輪自動車および原動機付自転車を含みます。 *2 相手の車とその運転者または所有者が確認できた場合に限ります。また、ご契約のお車と所有者が同一のお車との事故は対象となりません。

「車対車+A」車両保険は、電柱やガードレールへの衝突・接触などの単独事故や、あて逃げなどの相手の分からない事故については補償されないタイプです。保険料をおさえることができますが、補償範囲が限定されているので注意が必要です。

一般車両保険は、単独事故やあて逃げといった事故にも対応する車両保険です。新車の場合、ちょっとしたキズやへこみでも気になるものです。費用の心配をすることなく大切なお車を修理するためにも、一般車両保険をおすすめします。

データで見る一般車両保険のセット率

グラフが示すように、車が新しければ新しいほど、補償範囲の広い「一般車両保険」をセットしている方が多いことが分かります。

車両保険の車齢ごとの付帯率

アクサダイレクト調べ(2019年3月31日現在)

アクサダイレクトでは、車同士の事故や台風などの自然災害、盗難といった不測の事態によって大切な車に損害があった場合はもちろん、単独事故やあて逃げなどにも対応する、一般車両保険のセットをおすすめします。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。