自動車保険

補償内容の選び方

車両保険の免責金額
(自己負担額)

車両保険の免責金額とは?

「免責金額」とは、事故などを起こして保険を使う時に自己負担する金額のことです。アクサダイレクトでは、車両保険に免責金額が設定されています。
例えば、事故によるお車の修理代50万円に対して保険でカバーしたい場合、車両保険金額を200万円、車両保険の免責金額を10万円で契約していれば、40万円が保険で支払われ、残りの10万円が自己負担になります。

車両保険金額200万円 修理代50万円 支払われる保険金40万円 免責金額(お客さまの自己負担額)10万円

免責金額設定のポイント

免責金額を高く設定することで、保険料をおさえることができます

免責金額は1回目の車両事故と2回目以降の車両事故の組み合わせでお選びいただきます。免責金額を「0万円(1回目)・10万円(2回目以降)」で契約した場合と、「10万円(1回目)・10万円(2回目以降)」で契約した場合では、後者の方が保険料をおさえることができますが、事故時の自己負担額は大きくなります。免責金額は保険料と自己負担額のバランスを考えて、設定しましょう。

免責金額の組み合わせ

*1:車対車免ゼロ特約(車両保険の免責金額に関する特約)をセットした場合、車両保険の1回目の事故で、相手方の車が確認できるほかの車との衝突・接触事故の場合のみ、車両保険の免責金額がゼロになります。

*2:車両保険金をお支払いする場合、損害額に免責割合30%を乗じた額を差し引いた金額をお支払いします。「車両保険支払条件変更特約(定率免責用)」がセットされます。

「車対車免ゼロ特約」に
ついて

車対車免ゼロ特約

「保険料はおさえつつ、事故時の自己負担額もおさえたい」
という場合は車対車免ゼロ特約をご活用ください

車対車の事故に限定されるため、免責金額をゼロでご契約した場合よりも保険料がおさえられます。

「車対車免ゼロ特約」について

  • 車両免責金額を【5万円(1回目の車両事故)、10万円(2回目以降の車両事故)】に設定した場合、この特約をセットすることができます。
  • 車両保険の1回目の事故で、相手のわかる車両同士の事故の場合(*)、車両保険の免責金額(自己負担額)がゼロになります。

単独事故や当て逃げなど、相手方の車とその運転者または所有者が確認できない場合は対象外となります。

車対車免ゼロ特約(車両保険の免責金額に関する特約)

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。