自動車保険

対物全損時修理差額費用補償特約

対物全損時修理差額費用補償特約とは、対物事故で、相手方の車の時価額を超える修理費用が発生したときの補償です。

このページでは補償内容の概要を説明しています。詳しくは、「重要事項説明書・保険約款」をご確認ください。

対物全損時修理差額費用補償特約とは

対物全損時修理差額費用補償特約とは

対物事故における相手方の車の修理費が時価額を超えた場合、その超過した額は法律上の賠償責任が発生しないため、対物賠償保険では補償されません。
しかし、この特約をセットすることで、超過した額も補償の対象となりますので、円満な事故解決のお役に立ちます。

対物全損時修理差額費用補償特約の補償例

前方不注意により赤信号で停止中の車に追突(自分の過失割合が100%の事故)

前方不注意により赤信号で停止中の車に追突(自分の過失割合が100%の事故)

相手方の車は年式が古く、修理費が時価額を上回ってしまい、損害賠償責任のある時価額までしか対物賠償保険では補償されません。

相手方の車の修理費50万円 この特約で補償*/修理費と時価額との差額30万円 対物賠償保険で補償/相手方の車の時価額20万円

対物全損時修理差額費用補償特約が付帯されていれば、時価額から超過した額も補償の対象となります。

1事故につき「修理費と時価額との差額」X「被保険者の過失割合」で算出した額(50万円限度)を対物全損時修理差額費用保険金としてお支払いします。ただし、相手の方の車が事故日の翌日から6ヶ月以内に修理された場合に限ります。

お支払いする保険金

対物全損時修理差額費用保険金

修理費と時価額の差額部分に過失割合を乗じた額を1回の対物事故で、相手方の車1台につき、50万円を限度として保険金をお支払いします。

保険金をお支払いできない主な場合

  • 対物賠償保険金が支払われない場合
  • 相手方の車が6ヶ月以内に修理されなかった場合

対物全損時修理差額費用補償特約の重要性

古い車との事故には要注意!

車両の平均保有年数は年々伸びています。古い車(時価額が低い車)と事故になった場合、対物賠償保険だけでは相手側に満足のいく金額をお支払いできないケースがあります。

対物賠償保険を無制限でつけていれば不要と思われるかもしれませんが、対物事故により、古い車に損害を与えた場合、相手自動車の修理費が時価額を上回ることがあります。
このような場合、超過した修理費については法律上の損害賠償責任が発生しないため、対物賠償保険ではお支払いの対象とはならないので注意が必要です。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。