現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬好きのための犬図鑑 > パグ

パグ

パグ

かかりやすい病気・ケガ

壊死性髄膜脳炎

原因不明の脳炎で、意識障害や旋回運動、昏睡などを起こすようになります。パグ以外の犬にも見られますが、とくにパグで多く認められるため、「パグ脳炎」とも呼ばれています。

短頭種気道症候群

パグのような鼻の短い犬は、肺へ空気を送る気管がつぶれてしまう気管虚脱、鼻の穴が狭くなる鼻腔狹窄、口の中の上あごの肉が垂れてくる軟口蓋過長など、呼吸器系の病気がしばしば見られます。パグはいびきをよくかきますが、いびきが激しい場合や運動後に苦しそうにしている場合は、病院に相談してみるといいでしょう。

洞不全症候群

心臓にある洞房結節という場所に機能障害が起こることによって、心臓が正常に拍動せず、失神などを起こします。

間擦疹

顔の皮膚にひだが寄っているため、そこに摩擦が生じることで起こる皮膚炎です。細菌や真菌(マラセチア)などが関与してきます。皮膚に痒みや赤味が生じたり、くさい匂いがしてきたりします。

レッグぺルテス

大腿骨が成長する時期に関節周囲に炎症がおこり、大腿骨頭への血液供給が悪くなることで大腿骨頭が壊死してしまう疾患で、1歳未満で発症することが多く、手術が必要なこともあります。跛行がみられます。

乾性角結膜炎

涙の産生量が少なく、常に目が乾いた状態になるため、目に傷が付きやすかったり結膜炎を起こします。また、ドロドロした油っぽい眼やにがでることもあります。遺伝的影響が考えられています

ピルビン酸キナーゼ欠乏症

ピルビン酸キナーゼという酵素が遺伝的に欠乏することにより、赤血球が正常な形を維持できずその赤血球の寿命が短くなります。これにより重篤な貧血を引き起こす可能性があります。異常な赤血球は脾臓で分解されるため、脾臓の腫大もみられます。貧血により、疲れやすくなったり、呼吸が速くなったりすることもあります。

三宅 亜希先生

かかりやすい病気・ケガの監修

三宅 亜希先生

日本で唯一の会員制電話どうぶつ病院「アニクリ24」院長。都内の動物病院にて小動物臨床に従事したのち現職。繊細なコミュニケーション力を生かし、小動物医療の現場で毎日寄せられている様々な相談に応じている。

「犬好きのための犬図鑑」には「アクサダイレクトのペット保険」の補償対象外の病気やケガも掲載されていることがあります。補償対象外の病気については、「契約申込のご案内(兼重要事項説明書)」をご確認ください。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

特徴

歴史

紀元前から飼われていた歴史ある犬種

パグは古い歴史をもつ犬種の一つで、もともとはチベットの僧院で飼育されていたといわれています。紀元前400年以前に中国の王室で飼われるようになり、中国の文献や美術品にも登場しています。その後、東インド会社の船に乗ってヨーロッパに渡り、オランダの王室で愛されるようになりました。そして、ヨーロッパの貴族の間に広まり、ナポレオン皇帝の妻・ジョセフィーヌ、イギリスのウイリアム3世、ロシアのエカテリーナ2世などもパグを飼っていたことで知られています。日本には14世紀頃には伝えられていたといわれています。

サイズ

理想体重は6.3〜8.1kg

日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)では、パグの理想体重を6.3〜8.1kgとしています。
パグという名前の由来は、一般に、ラテン語で「握り拳」を意味する「pugnus(パグナス)」から来ているという説が有力ですが、ほかにも中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」から来ているという説や、古い英語で「優しく愛されるもの」から来ているという説があります。
シワシワの顔に丸い目、スクエアな体躯、筋肉質のボディが特徴です。耳は、前に垂れたものが「ボタン耳」、短く巻いたものは「ローズ耳」と呼ばれています。尾はお尻の上でできるだけ硬く巻いているものが望ましく、二重巻きならさらによいとされています。

被毛

人気色はフォーンとブラック

JKCで認められているのは、フォーン、ブラック、シルバー、アプリコットの4色です。フォーンは、金色がかった毛色に顔や耳が黒いパグの代表的な色。日本での人気は、フォーンとブラックです。

お手入れ

顔のしわの中までしっかりケアを

短毛なので、トリミングの必要はありませんが、ダブルコートのため毛が抜けやすいのでこまめにブラッシングしてあげましょう。顔のしわや耳に汚れがたまりやすいので、ぬれタオルやガーゼなどでやさしくふいてあげましょう。

寿命

寿命は12〜15年

寿命はおよそ12〜15年といわれています。小型犬の平均的な寿命です。

性格

しつけ

愛嬌がよくて遊び好き。ガンコな一面も

陽気で愛嬌がよく遊び好き。穏やかな性格で世話好き、攻撃性も少ないため、子供のいる家庭でもよく飼われているようです。無駄吠えが少ないので、集合住宅での室内飼いにも向いています。ただし、人といることを好むため、長時間のお留守番は苦手です。
人や他の犬ともフレンドリーに遊べますが、反面、ガンコでマイペースな面も。しつけが厳しすぎるとすねてしまい、かえってしつけづらくなってしまうこともあるようです。粘り強く、くりかえししつけて、できたらしっかりと褒めてあげましょう。典型的な「褒めると伸びる子」です。
また、食べ物への執着心が強く、太りすぎてしまう傾向もあります。

ストレス

太りやすいので朝夕の散歩が必須

パグは太りやすいこともあり、朝夕1日2回のお散歩が欠かせません。ただし、夏の暑さに弱く熱中症になりやすいので、夏は室内で十分に遊んであげるようにしてください。冬の寒さにも弱いので、お散歩には洋服を着せてあげるといいでしょう。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

小型犬

中型犬

大型犬

ページトップへ