現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬好きのための犬図鑑 > ボクサー

ボクサー

ボクサー

特徴

歴史

飼い主が来るまで獲物を確保し続ける猟犬

ボクサーはドイツの猟犬ブレンバイサー(牛噛み犬)が祖先と言われています。仕事は、仕留めた獲物を飼い主が来るまで噛みついて離さず確保しておくという役目です。そのために噛むための大きな口と幅広い歯並びを持った形に改良されていきました。繁殖はもっぱら猟師たちによって行われ、作業能力があり、目的に適した犬だけが選択繁殖された結果、幅広いマズルとターン・アップした鼻を持ったボクサーになったとされています。忍耐強く、飼い主に忠実で、頭も良く、体力もあることから、警察犬としても活躍している人気の犬種です。

サイズ

オス57〜63cm、メス53〜59cmが理想体高

日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)では、オス57〜63cm、メス53〜59cmとしています。体重は、オス30kg以上(体高約60cmに対して)、メス25kg以上(体高約56cmに対して)です。

被毛

フォーンまたはプリンドルで顔はブラックマスク

ボクサーはフォーン(金色っぽい色)またはブリンドル(虎のストライプ模様のような色)で、ブリンドルの場合は黒のストライプは肋骨方向に流れるようになっていなければなりません。顔はブラックマスクが必須、白のブレーズが入っていることが望ましいとされています。

お手入れ

週1〜2回のブラッシングとタオル拭き

ボクサーはシングルコートで、抜け毛は少なくお手入れは簡単です。週1〜2回のラバーブラシによるブラッシングやタオルなどで拭いてあげる程度で十分です。シャンプーは皮膚の保護のためにも、やり過ぎないように月1〜2回程度がいいでしょう。

寿命

寿命は10〜12年で大型犬の平均

ボクサーの寿命は10〜12年前後。大型犬の中では平均的といえます。

性格

しつけ

家族全員が自分より上のリーダー

ボクサーは飼い主の指示で動くことが得意で、頭も良く、物覚えも早く、しつけやすい犬種です。しつけに関しては主従関係をしっかり身につけさせ、家族全員が自分よりも上であることを覚えさせるのが第一です。散歩のときにリーダーウォークで飼い主の先を歩かない訓練を取り入れたりするといいでしょう。また、ボクサーは知的好奇心と運動能力が高いので、フライングディスクやアジリティ競技(障害物競走)などのドッグスポーツが得意です。公園や広い場所でフライングディスクのキャッチ遊びなどをしてあげるのもおすすめです。

ストレス

朝晩1〜2時間の散歩とボール遊びなどのゲームを

ボクサーは運動が大好きなので、散歩は1日2回、1回あたり1時間以上必要です。ボール遊びやフライングディスクなどのゲーム的要素を取り入れると、知的好奇心と運動欲求をともに満たすことができ満足感が高まります。短頭種なので夏の長時間の運動は負担になりますので気をつけましょう。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

小型犬

中型犬

大型犬

ページトップへ