現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬好きのための犬図鑑 > スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

特徴

歴史

フレンチ・プードルと呼ばれることも

フランスの国犬とされ、フレンチ・プードルとも呼ばれることからフランスが原産国と思われがちですが、実は祖先ははっきりわかっていません。プードルの名前はドイツ語で「跳ねる」を意味する「PUDEL(プデル)」から来ているという説があり、ドイツの水辺で猟をする犬が祖先ではないかと言われています。フランスに持ち込まれてからは、カモ猟で獲物を回収する犬として活躍していました。その後、16世紀の終わり頃になるとフランスの貴族の愛玩犬として人気が出るようになってから小型化が進み、ミニチュア・プードルやトイ・プードルが誕生しました。

サイズ

プードルの中で最もサイズが大きい

日本ではサイズの小さなトイ・プードルが人気ですが、日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)では、プードルを4つのサイズに分類しています。小さい順に、トイ、ミニチュア、ミディアム、そして、最も大きいのがスタンダード・プードルです。スタンダード・プードルのサイズは、体高45〜60cm。プラス2cmまでが認められています。体重についての規定はありませんが16〜25kg前後が多いようです。

被毛

シングルコートで毛色はさまざま

ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどがあります。シングルコートなので季節による換毛期がありません。そのため、抜け毛ケアのために何度も掃除機をかけるといった手間もありません。

お手入れ

カットのバリエーションが楽しめる

プードル独特のカーリーヘアはからまりやすく、放っておくとどんどん伸びてフェルト状に固まってしまうため、毎日のブラッシングは欠かせません。定期的にトリミングサロンでカットしてもらう必要があります。カットスタイルで有名なのは、ショーでもおなじみの胸部の毛を残し、ボディの毛を刈り込んだコンチネンタル・クリップです。これは冷たい水温から心臓を守り、ほかの部位は水中で動きやすくするためで、本来は水鳥の狩猟に適したスタイルだったのです。そのほか、顔まわりの毛を残したライオンカット、トイ・プードルでも人気のアフロやモヒカン、ピーナッツ(ムスタッシュ)などがあります。

寿命

寿命は12〜15歳で大型犬ではやや長寿

スタンダード・プードルの寿命は12〜15歳前後。大型犬の中ではやや長寿といえます。

性格

しつけ

命令に従順なので室内飼いでも問題なし

スタンダード・プードルは大型犬ですが、シングルコートで寒さに弱いため室内飼いがおすすめです。性格は明るく温厚で、フレンドリーなので、きちんとしつければ室内でも問題はありません。もともと狩猟犬だっただけに、命令に従順でしつけもすぐに覚えてくれます。

ストレス

散歩はフレンドリーで安心

もともとは狩猟犬なので十分な運動量が必要です。毎日30分〜1時間程度のお散歩を朝夕2回心がけたいものです。フレンドリーな性格なので、散歩やドッグカフェ、ドッグランに連れて行っても、家族外の人やほかの犬種とも問題なく過ごせます。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

小型犬

中型犬

大型犬

ページトップへ