現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬好きのための犬図鑑 > ボロニーズ

ボロニーズ

ボロニーズ

特徴

歴史

王族や貴族に愛された愛玩犬

イタリアのボローニャが原産とされていることから、この名前がつけられています。ルーツは紀元前3世紀から紀元後4世紀のローマ時代にもさかのぼるという説もあります。その後、ルネッサンス時代にも王室や貴族たちのペットとして愛され、贈り物や献上品としても珍重されていたといい、オーストリアのマリア・テレジアやロシアのエカテリーナ妃などが飼っていたとされています。その様子は宮廷画家によって絵画にも描かれているほどです。
貴族の時代が衰退するとボロニーズも同じ道を辿りますが、残った貴族階級によって愛され続け、極端に数が減ることはありませんでした。
第二次世界大戦後はイタリア国内で繁殖がされ、一般的な犬種となり、アメリカなどにも紹介されました。しかし大きな流行となることもなく、多くはイタリア国内で飼われ、国外では希少な犬種となっています。

サイズ

小型で愛らしい体つき

小型で体は短く、愛らしいスタイルをしています。ボロニーズの体重はオス、メスともに2〜4kgほど。標準体高は、日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)ではオスが27〜30cmで、メスが25〜28cmとしていて、かなり小さな体つきです。

被毛

認められるのは純白のみ

ボロニーズとして認められているのはホワイトのみで、純白であればあるほど珍重されます。

お手入れ

シングルコートでお手入れは楽

体毛はとても柔らかく、ふんわりとしたボリュームあるものです。毛質はシャギーコートと呼ばれるむく毛が特徴となります。シングルコートなので抜け毛は少なく、汗も乾きやすいため、体臭も少なめです。
ブラッシングは定期的にすれば十分で、濡れたタオルで拭くことも快適に保ってあげるために有効です。

寿命

寿命は13〜15歳

平均的な寿命は13〜15歳です。個体差はありますが、小型犬としては標準でしょう。
なかには20歳ぐらいまで長生きする場合もあります。

性格

しつけ

遊び好きで、とても甘えん坊

愛玩犬としての歴史が長いため、見た目だけでなく性格も上品なことから、しつけもとても簡単です。人に対してとても従順で、子供や年配の方でも安心して接することができます。ただし、遊び好きがすぎてやんちゃなこともあるので、粗相をしたときはしっかりと叱って甘やかさないようにしましょう。叱った後はちゃんとほめると、とても喜びます。
ほかの犬に対しても、最初は警戒心をもつことがありますが、すぐに慣れて仲良くできるようになります。

ストレス

かまってあげないとストレスに

人のそばにいることが仕事といってもいいのが、愛玩犬であるボロニーズです。それだけに、飼い主がいなくなると寂しがることもあります。運動は最低限で構いませんが、気分転換のため、少しでもいいので散歩に連れ出してあげるとストレス解消になります。
また、暑さには強い反面、寒さには弱いので、冬は服を着せると快適に過ごせます。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

小型犬

中型犬

大型犬

ページトップへ