現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬好きのための犬図鑑 > スキッパーキ

スキッパーキ

スキッパーキ

特徴

歴史

ルーツにはふたつの説

スキッパーキはベルギーのフランドル地方を原産とした小型犬です。スキッパーキとは「小さな羊飼い」を意味していることから、牧羊犬として飼われていた犬種だと考えられていますが、船の番犬として飼われていたという説もあります。こちらも船乗りのことをスキッパーキと呼んだことが理由とされています。17世紀末には、都市でも飼われるようになり、ネズミ捕りや番犬として市民に愛されました。特に靴職人の間では、スキッパーキにつける首輪の細工を競うのが流行したと言われています。
その後、1882年にはドッグショーにはじめて出陳されたことで、ベルギー王室などの上流階級にも愛されるようになり、すぐにアメリカなど国外にも紹介され、イギリスでは大きな人気となりました。
1888年には犬種としての基準も定められましたが、数年後には人気がなくなってしまいました。その後、愛好家たちによってベルギー原産の犬種を守るべく努力が続けられ、現在では安定した人気を得るようになっています。

サイズ

バランスの取れた体

スキッパーキの体重は、日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)ではオス、メスともに3〜9kgとし、なかでも4kg〜7kgを理想としています。
小型とはいえ、しっかりとした体つきで、すっきりとした足とバランスの取れたシルエットをしています。

被毛

黒以外にもクリームなどがあり

黒が一番馴染み深い毛色ですが、クリームや茶色などもあります。2色のまだらなどは認められていませんが、下毛が完全に隠れていてダークグレーの場合は認められています。

お手入れ

マメなブラッシングで抜け毛除去

体毛は中ぐらいの長さのダブルコートです。ブラッシングはまめにかけて抜け毛を取り除きましょう。また取り切れない毛を取り除くためにも、定期的なシャンプーも大切です。

寿命

寿命は13〜15歳

平均的な寿命は13〜15歳ぐらいとされています。個体差はありますが、小型犬としては長めとなります。

性格

しつけ

子犬の頃のしつけが大切

好奇心が強く、賢いため、自分で判断して行動しようとします。子犬の頃から、飼い主の言うことをしっかりと聞いて、我慢することも覚えさせましょう。本来の性格が獰猛だったり、攻撃性をもっていたりしないので、しつけさえちゃんとすれば子供やほかの犬を攻撃することなく、飼いにくいということはありません。なかにはもともと温厚な性格のスキッパーキもいるなど、個体差が大きい犬種とも言われています。

ストレス

豊富な運動でストレス解消

牧羊犬がルーツと言われるだけにとても活発で、常に走り回っても疲れることを知りません。逆を言えば、運動量が少ないとストレスが溜まりやすいため、長めの散歩を1日2回程度してあげるとよいでしょう。室内飼いでもできるだけおもちゃなどで遊んであげ、ときにはドッグランに連れ出して思う存分駆け回らせることで、ストレスを解消させるのも大切です。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

小型犬

中型犬

大型犬

ページトップへ