現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬好きのための犬図鑑 > ワイアー・フォックス・テリア

ワイアー・フォックス・テリア

ワイアー・フォックス・テリア

特徴

歴史

長い歴史のあるテリア

とても古い犬種で、その起源は不明なほどです。害獣を追い払うために飼われていたようですが、18世紀頃になると、貴族が好んで行っていた狐狩りに使用されるようになります。フォックス・テリアと呼ばれるようになったのはこの頃です。狩りには狩猟犬であるハウンドとともに使用されましたが、当初は毛色が茶色だったことから、狐と誤って射殺されることがありました。このため、ハウンドの役割もこなせるようにするように、ハウンドと混血させたことから、スムースと呼ばれる3色の毛色をもつフォックス・テリアが誕生。さらにほかのテリアとかけ合わせることで、ワイアー・フォックス・テリアが生まれました。当初はスムース・フォックス・テリアのほうが人気でしたが、19世紀末から人気が高まり、現在に至ります。

サイズ

すらりとしたバランスのよさ

日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)の規定では、ショーコンディションの理想体重としてオスが8.25kgとし、メスはわずかにそれよりも軽いとしています。また、体高は39p以下で、こちらもメスはわずかに小さいとしています。後ろ足が斜めで、体長と体高がほぼ同じとなるスクエアスタイルが特徴です。がっちりとしながらも、すらりとしたバランスの良さが魅力となっています。

被毛

毛色はホワイトがベース

被毛の色はホワイトをベースとして、ブラック、タン(薄い茶色)、ブラック&タンが組み合わさります。

お手入れ

短い被毛はお手入れが楽

被毛はダブルコートですが、あまり長くはならないのが特徴です。ワイアーと呼ばれるだけに、上毛となるオーバーコートは硬く、抜けることもあまりありません。ただし、絡みやすいので、週に2〜3回のブラッシングは欠かせません。また、耳は垂れていて毛に覆われているため、ていねいに拭いてあげましょう。

寿命

寿命は13歳前後

平均的な寿命は13歳前後です。個体差はありますが、中型犬としては標準的な寿命と言っていいでしょう。

性格

しつけ

上下関係の理解にはていねいなしつけが大切

テリア気質が強く出ているのがワイアー・フォックス・テリアです。負けず嫌いとプライドの高さゆえに、しつけがしやすい犬種ではありませんが、上下関係をしっかりと認識させ、ひとつひとつ根気よく教えれば、頭は良いのですぐに覚えてくれるはずです。家族に対しては従順な面もあり、この点も狩猟犬としての血を引いている部分と言えます。ただ、ほかの人やペットに出会った際には、攻撃的になることもあるので、散歩の際には注意しましょう。子犬の頃からさまざまなことを経験させ、社会性を身につけさせるのも大切です。

ストレス

活発で、運動するのが大好き

体は大きくはないですが、ほかのテリア同様、体を動かすのが好きで活発です。そのため、必要な運動量も多くなり、運動不足はストレスにつながります。ストレスを解消するためにも、散歩は朝夕2回、長めに1時間ほど行ってあげましょう。その際には、駆け足をすると喜びます。ドッグランで遊ばせるのも効果的ですが、ほかの犬には注意して攻撃的にならないようにしましょう。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

小型犬

中型犬

大型犬

ページトップへ