現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬好きのための犬図鑑 > ワイマラナー

ワイマラナー

ワイマラナー

特徴

歴史

さまざまな野生動物を狩れる万能な狩猟犬

ワイマラナーはドイツが原産国の猟犬です。狩猟好きのワイマール地方のカール・アウグスト大公によって名付けられたという説が有力です。ブラッドハウンドやジャーマン・ポインターなどの狩猟犬との交配を続けて、シカやクマなどの大型の野生生物から鳥やうさぎ、リスまでも狩ることができる万能な狩猟犬として誕生したとされていますが、門外不出の犬種として秘密裏に交配が行われたため、事実は謎のままです。ワイマラナーは、ドッグコンテストやアジリティ競技(障害物競走)でも優秀な成績を収めるなど、その賢さからも人気のある大型犬です。

サイズ

オス62〜67cm、メス59〜63cmが理想体高

日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)では、オス59〜70cm、メス57〜65cmで、理想体高をオス62〜67cm、メス59〜63cmとしています。体重は、オス30〜40kg、メス25〜35kgです。

被毛

シルバーやグレー系の淡色が基本

短毛種も長毛種も、シルバー、ノロジカ色、マウス・グレーの単色です。胸部や足の指にある小さな白色の斑のみ許容されています。はっきりとしたイエローのマーキングがある場合は、JKCの犬種標準では評価は低くなり、ブラウンのマーキングは欠点ありとされます。

お手入れ

週1〜2回ラバーブラシでブラッシング

ワイマラナーは短毛種と長毛種があり、短毛種はシングルコートでスムースヘアなので、抜け毛は少なくお手入れは簡単です。週1〜2回のラバーブラシによるブラッシングで十分です。長毛種もあまり毛が長くないので、毎日のブラッシングで十分でしょう。シャンプーは月1〜2回程度がいいでしょう。

寿命

寿命は10〜12年で大型犬の平均

ワイマラナーの寿命は10〜12年前後。大型犬の中では平均的といえます。

性格

しつけ

主従関係をしっかりと築くことが大事

ワイマラナーは知的で訓練好き、狩猟犬や番犬としての評価も高い犬種です。飼い主には非常に忠実で従順で、主従関係をしっかりと築くことができれば、しつけは楽です。ただ、家族以外には神経質な面もあるので、子犬のときに他人や他犬と触れ合うようにして家族以外の人に対しても慣れさせておく必要があります。飼い主の命令に従わないときは、毅然とした態度で接し、攻撃的な行動を取ろうとしたときには、「待て」「伏せ」といった行動を抑制できる指示だけは、必ず覚えさせるようにしましょう。

ストレス

思いっきり走らせる環境が必須

狩猟犬としてさまざまな動物を追跡し、狩ることのできる犬種として誕生したワイマラナーは、走ることや体を動かすことが大好きです。歩くスピードの散歩では満足感が得にくく、ジョギングしながらの散歩や、安全で広い場所なら自転車での散歩がおすすめです。ドッグランなどで思いっきり運動させる機会を与え、運動不足によるストレスを与えないようにしましょう。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

小型犬

中型犬

大型犬

ページトップへ