現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬好きのための犬図鑑 > オーストラリアン・シェパード

オーストラリアン・シェパード

オーストラリアン・シェパード

特徴

歴史

アメリカで誕生した牧羊犬

オーストラリアン・シェパードは、その名前からオーストラリア原産の犬種と思われてしまいますが、実は、スペインとフランスの国境をまたぐピレネー山脈のバスク地方の牧羊犬が祖先犬と言われています。1800年代にオーストラリアに移住したバスク地方の羊飼いたちがアメリカに連れてきて、改良を重ねてオーストラリアン・シェパードが誕生しました。
利口な牧羊犬で、人に忠実で耐久力もあり、ロデオやホース・ショー、映画やテレビのショーなどで活躍したことで、人気が急速に高まっていきました。
服従競技やアジリティ競技(障害物競技)、ハーディング競技(家畜をコントロールする能力を競う競技)などで優秀な成績を収めていることから牧羊犬としては定評があり、さらに、盲導犬、麻薬捜査犬、救助犬などとしても幅広く活躍しています。

サイズ

体高はオス51〜58cm、メス46〜53cm

日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)では、体高をオス51〜58cm、メス46〜53cmとしていますが、サイズを犬質(クオリティ)より重んじてはならないとし、理想体高を定めていません。

被毛

断尾または生まれつきのボブ・テール

オーストラリアン・シェパードは、ブルーマール、ブラック、レッドマール、レッドの4色。これらの色にホワイトの斑があるもの、タンポイントのあるものが認められています。ただし、頭のホワイトがほかの色より多いのは認められていません。また、尾は断尾されているか、生まれつきのボブ・テール(先天的無尾)であることとされています。

お手入れ

抜け毛が多いのでこまめにブラッシング

オーストラリアン・シェパードは、ダブルコートの長毛で抜け毛が多いので週に2〜3回はブラッシングして抜け毛を取り除いてあげましょう。春と秋の換毛期は、普段よりも抜け毛が多くなるので、ブラッシングのほかに月に2〜3回のペースでシャンプーをしてあげてください。

寿命

寿命は12〜15年で中型犬の平均

オーストラリアン・シェパードの寿命は12〜15年前後。中型犬の中では平均的といえます。

性格

しつけ

愛情深く献身的で訓練しやすい

オーストラリアン・シェパードは愛情深く、家族にとても献身的で、訓練しやすい犬種といえます。牧畜犬としての本能から、小動物や小さい子供を軽く噛むことで、動きをコントロールしようとするくせが出る場合があるので注意しましょう。幼犬のときに噛み癖はしっかりとしつけて直すようにしましょう。

ストレス

十分な運動量と新しい遊びや訓練が必要

オーストラリアン・シェパードは、牧羊犬として1日中働き通せるほどの耐久力があるので、朝夕1時間程度の散歩が欠かせません。また、賢く、状況判断力も高いため、単純な遊びや訓練はストレスに感じてしまうことも。フライングディスクやボールを使ったゲームやアジリティなどにもチャレンジして、新しいことを取り入れて飽きさせないようにしましょう。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

小型犬

中型犬

大型犬

ページトップへ