現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬好きのための犬図鑑 > フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

かかりやすい病気・ケガ

尿石症(シスチン)

尿石症は膀胱炎や尿路閉塞を引き起こすことが多いので注意が必要です。血尿、頻尿、排尿困難といった症状が現れます。シスチン尿石症は遺伝性疾患で、若齢で発症するタイプと、成犬になってから発症するタイプがあり、フレンチ・ブルドッグは後者です。

難産

小型犬、短頭種、頭が大きく腰が細い犬などは難産になりやすいです。シーズー、チワワ、ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、ペキニーズなどが挙げられます。また、肥満犬、高齢犬、栄養状態が悪い犬なども難産になりやすい傾向にあります。最初から帝王切開が選択される犬種もありますが、そうではない場合は、陣痛が始まってもなかなか子供が生まれないようであればすぐに動物病院を受診しましょう。

短頭種気道症候群

短頭種の顔や首の構造上、呼吸がうまく行えないことがあり、その総称を短頭種気道症候群といいます。肺へ空気を送る気管がつぶれてしまう気管虚脱、鼻の穴が狭くなる鼻腔狹窄、口の中の上あごの肉が垂れてくる軟口蓋過長などにより、激しいパンティング、呼吸困難、呼吸時のゼイゼイとした雑音などが確認されます。

原発性脳腫瘍

歩くときのふらつきやけいれん、旋回運動、運動障害、性格、行動の変化などが起きます。良性腫瘍の場合には外科的手術で全摘します。悪性の場合には対処療法として、緩和療法、放射線療法、化学療法など人間と同様の処置をします。

第三眼瞼腺脱出(チェリーアイ)

目頭にある第三眼瞼(瞬膜)が飛び出している状態がさくらんぼに見えることから「チェリーアイ」と呼ばれる病気です。正式には「第三眼瞼腺突出」といいます。第三眼瞼は下まぶたの内側にあり、眼球の保護や涙の産生など、大切な役割を担っています。

食物アレルギー(食物過敏症)

食べ物の中にふくまれるタンパク質に対して起こるアレルギーで、痒みが主な症状ですが、下痢などの消化器症状が起こることもあります。特に、目の周り、口の周り、耳、肢先、四肢のつけ根など、皮膚がこすれる場所を中心に皮膚炎が起こります。原因となる食べ物は、牛肉、鶏肉、小麦、卵、大豆、乳製品などさまざまです。

三宅 亜希先生

かかりやすい病気・ケガの監修

三宅 亜希先生

日本で唯一の会員制電話どうぶつ病院「アニクリ24」院長。都内の動物病院にて小動物臨床に従事したのち現職。繊細なコミュニケーション力を生かし、小動物医療の現場で毎日寄せられている様々な相談に応じている。

「犬好きのための犬図鑑」には「アクサダイレクトのペット保険」の補償対象外の病気やケガも掲載されていることがあります。補償対象外の病気については、「契約申込のご案内(兼重要事項説明書)」をご確認ください。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

特徴

歴史

著名人の愛犬として人気のフレンチ・ブル

フレンチ・ブルドッグの起源には諸説ありますが、18世紀頃、イギリスで飼われていたイングリッシュ・ブルドッグがフランスに渡り、パグやテリアと交配されて誕生したという説が広くいわれているようです。一方、フランスではベースになったのはイギリスの犬ではなく、マスチフ系の犬という説が指示されています。
いずれにしても、フランスでは大人気の犬種となりました。当時のフレンチ・ブルドッグは垂れ耳でしたが、その後、アメリカ人のブリーダーがフランスから自国に持ち帰り、交配を重ねて「立ち耳」タイプに改良しました。

サイズ

体重は8〜14kgが理想

体高は28〜33cm、体重は11kgが平均とされています。日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)では「体重は8kgを下回ってはならず、14kgを越えてもならない。体高は体重と釣り合いが取れていなければならない」とされています。

被毛

被毛は4色が基本だがバリエーションが豊富

フレンチ・ブルドッグの毛色は大きく分けて4種類。やや褐色がかった茶系の「フォーン」、ホワイトをベースに、部分的に黒い模様が入った「パイド」、体のほとんどがブラックでわずかに褐色などの色が入った「ブリンドル」、そして「クリーム」があります。フォーンの中でも顔が黒いものは「ブラックマスク」、パイドのうち白に茶が入った珍しい「ハニーパイド」、ブリンドルのうち縦に模様の入ったものを「タイガーブリンドル」と呼びます。さらに、ブリンドル×ホワイト、フォーン×ホワイトなど、組み合わせによって実にさまざまなバリエーションがあります。

お手入れ

抜け毛が多いのでこまめにブラッシング

フレンチ・ブルドッグは短毛でキメの細かい毛が密生しています。季節ごとに被毛が生え替わるため、抜け毛は多い犬種です。また、肌が敏感であることからラバーブラシなどでこまめにブラッシングしてあげたり、ぬるま湯で絞ったタオルで体を拭いてあげたりするといいでしょう。特に、顔のシワの部分には汚れがたまりやすく臭いの原因となるので、ていねいにケアしてあげてください。

寿命

寿命は10〜12歳前後とやや短命

平均的な寿命は10〜12歳程度。個体差はもちろんありますが比較的短命です。13歳まで生きられるのは珍しいとされています。

性格

しつけ

愛嬌のある仕草を見せてくれる

フレンチ・ブルドッグは人懐こくて陽気。好奇心が旺盛な一方、大らかな性格なので子どもがいるご家庭でもよいパートナーとなってくれるでしょう。遊びが大好きで気に入った遊びを何度もおねだりしてきたり、叱られると見るからに落ち込んだ仕草をしたり、人間のようないびきをかく子も多く、ほほえましい面を見せてくれます。甘えるときは、おしゃべりするような鳴き声をすることもあります。
賢くよく学習する犬種ですがブルドッグ特有の頑固な面もあるので、褒めながら根気強くしつけましょう。叱りすぎると落ち込んでしまうので、悪いことをしたときは無視または静観が原則です。

ストレス

夏冬の温度管理と食事管理を徹底

暑さや寒さに弱いので外飼いはNG。室内飼いでも外出時にはエアコンで温度管理が必要です。
食欲旺盛で太りやすい傾向にあるので、きちんとした食事の管理が必要です。
のどの気管や関節が弱いので、お散歩は朝夕10分程度でいいでしょう。室内での遊びも加えてストレスを発散させてあげてください。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

小型犬

中型犬

大型犬

ページトップへ