現在地
ホーム自動車保険事故対応とサービス事故時の過失割合事例四輪車同士の事故 > 高速道路での事故

高速道路での事故

本ページでは、「基本過失割合」を掲載しています。事故が発生した際には、事故状況を個々に確認したうえで過失割合を決めていきますので、実際に決定した過失割合と「基本過失割合」が異なる場合があります。

合流地点での事故

本線に合流しようとした四輪車Aが本線を走行中の四輪車Bに衝突

本ページは「基本過失割合」を掲載しています。実際に決定した過失割合と異なる場合があります。

本線に合流する車両Aは、本線を走行している車両Bの進行を妨げるような運転をしてはいけないため、事故が起こった場合には、大きな過失が問われます。一方、本線を走行する車両Bにも合図などで合流車が本線に入ってくることを予測できるため、前方の注意責任が問われます。このような事故の場合、A70%:B30%が基本過失割合となります。

ページトップへ