自動車保険

高速道路での事故

高速道路上で駐停車車両の周囲にいる歩行者との事故の過失割合

本ページでは、「基本過失割合」を掲載しています。事故が発生した際には、事故状況を個々に確認したうえで過失割合を決めていきますので、実際に決定した過失割合と「基本過失割合」が異なる場合があります。

駐停車車両の周囲にいる歩行者の発見に遅れ、四輪車が歩行者に接触

駐停車車両の周囲にいる歩行者の発見に遅れ、四輪車が歩行者に接触
過失割合
A 60%

A60%

B 40%

B40%

本ページは「基本過失割合」を掲載しています。実際に決定した過失割合と異なる場合があります。

歩行者は高速道路にみだりに立ち入り通行してはならないとされているため、高速道路上にいる場合、過失が問われます。しかし、今回の事故のような場合、高速道路上に駐停車車両があることから、周囲に歩行者がいることを予想するのは困難ではありません。そのため、四輪車にも前方の注意責任が問われ、A60%:B40%が基本過失割合となります。

駐停車車両と歩行者の距離や歩行者が緊急措置のため停止表示機材を設置している場合など、状況に応じて過失割合が変わります。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。