自動車保険

高速道路での事故

高速道路での追突事故の過失割合

本ページでは、「基本過失割合」を掲載しています。事故が発生した際には、事故状況を個々に確認したうえで過失割合を決めていきますので、実際に決定した過失割合と「基本過失割合」が異なる場合があります。

急ブレーキをかけた四輪車Bに後続四輪車Aが衝突

急ブレーキをかけた四輪車Bに後続四輪車Aが衝突
過失割合
A 60%

A60%

B 40%

B40%

本ページは「基本過失割合」を掲載しています。実際に決定した過失割合と異なる場合があります。

高速道路上では、一定の速度を保ち走行しなければなりません。そのため、四輪車Bが駐停車または急ブレーキをかけた場合、やむを得ない事情がない限り、過失が問われます。このような事故の場合、A60%:B40%が基本過失割合となります。

四輪車Bが追越車線上で駐停車または急ブレーキした場合や、四輪車Aの速度違反など、状況に応じて過失割合が変わります。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。