自動車保険

その他の事故

横断歩道以外で道路を渡る歩行者との事故の過失割合

本ページでは、「基本過失割合」を掲載しています。事故が発生した際には、事故状況を個々に確認したうえで過失割合を決めていきますので、実際に決定した過失割合と「基本過失割合」が異なる場合があります。

信号規制がなく、かつ横断歩道以外で道路を横断する歩行者と四輪車が接触

信号規制がなく、かつ横断歩道以外で道路を横断する歩行者と四輪車が接触
過失割合
A 70%

A70%

B 30%

B30%

本ページは「基本過失割合」を掲載しています。実際に決定した過失割合と異なる場合があります。

横断歩道がある場合、歩行者は横断歩道を渡らなければいけません。そのため、横断歩道以外の場所を横断した歩行者との事故では、歩行者にも過失が発生します。一方、四輪車を運転する人は常に歩行者の動きに注意を配り運転する必要があります。このような事故の場合、A70%:B30%が基本過失割合となります。

幹線道路など交通量の多い道路において、横断歩道を利用しない道路横断は歩行者により大きい注意義務違反が問われます。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。