自動車保険

交差点内での事故

道幅が同じ交差点内での直進車同士の事故の過失割合

本ページでは、「基本過失割合」を掲載しています。事故が発生した際には、事故状況を個々に確認したうえで過失割合を決めていきますので、実際に決定した過失割合と「基本過失割合」が異なる場合があります。
なお、四輪車と二輪車の事故では、二輪の運転者にケガがある場合を想定した「基本過失割合」となります。ケガがない場合は、四輪車同士の事故の「基本過失割合」を適用する場合があります。

道幅が同じ道路での出会い頭事故(二輪車が左方の場合)

信号規制がない同じ道幅の交差点で、直進する二輪車と四輪車が同程度のスピードで衝突

信号規制がない同じ道幅の交差点で、直進する二輪車と四輪車が同程度のスピードで衝突
過失割合
A 70%

A70%

B 30%

B30%

本ページは「基本過失割合」を掲載しています。実際に決定した過失割合と異なる場合があります。

車両は、左側通行のため交差点に進入する場合、一般的に向かって左側が見やすいとされています。そのため、AとBの位置関係では、BよりもAの方が相手車両を発見しやすく、事故を回避できる可能性が高くなります。信号機などで優先関係が決まっていない十字路交差点を同じ条件で進入する場合は、左から走行してくるBが優先となります。さらに、二輪車は四輪車よりも交通弱者となるため過失割合が少なくなります。このような事故の場合、A70%:B30%が基本過失割合となります。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。