自動車保険

その他の事故

転回(Uターン)時の四輪車と二輪車の事故の過失割合

本ページでは、「基本過失割合」を掲載しています。事故が発生した際には、事故状況を個々に確認したうえで過失割合を決めていきますので、実際に決定した過失割合と「基本過失割合」が異なる場合があります。
なお、四輪車と二輪車の事故では、二輪の運転者にケガがある場合を想定した「基本過失割合」となります。ケガがない場合は、四輪車同士の事故の「基本過失割合」を適用する場合があります。

道路上で転回(Uターン)する四輪車と反対車線を直進する二輪車が衝突

道路上で転回(Uターン)する四輪車と反対車線を直進する二輪車が衝突
過失割合
A 90%

A90%

B 10%

B10%

本ページは「基本過失割合」を掲載しています。実際に決定した過失割合と異なる場合があります。

転回(Uターン)する車両は、道路を走行している他の車両の進行を妨げてはいけません。一方、直進する車両も安全な運転をしていれば、転回(Uターン)する車両を認識することは難しくありません。このような事故の場合、A90%:B10%が基本過失割合となります。

転回(Uターン)禁止場所や直進車両の速度違反など、状況に応じて過失割合が変わります。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。