現在地
ホーム自動車保険自動車保険の選び方はじめての自動車保険 > 契約者と記名被保険者と所有者の違い

契約者と記名被保険者と所有者の違い

ここでは、ご契約時にご申告いただく「契約者」「記名被保険者」「所有者」について、それぞれの違いをご紹介します。

契約者とは

契約者とは、保険会社に契約の申込みをして保険料を支払う、契約の当事者のことをいいます。
契約者には、ご契約時の告知義務や通知義務のほか、契約の変更・解約などを行う権利があります。

申込書類の署名や、インターネットにてご契約意思の確認をしていただきます。+保険料のお支払いをしていただきます。クレジットカードや口座振替をご利用の場合は、ご契約者さま名義のカード・金融機関をご登録ください。

記名被保険者とは

記名被保険者とは、ご契約のお車を主に運転される方で、保険証券などに記載された被保険者をいいます。
記名被保険者も契約者と同様に告知義務や通知義務を負います。
なお、記名被保険者と契約者は同一の方である必要はありません。

ハンドルを握る頻度の高い方が、主に運転される方となります。+記名被保険者の年齢、居住地、運転免許証の色は、それぞれ保険料決定要素の1項目となっています。

運転者の範囲について

所有者とは

車検証(自動車検査証)に記載されている所有者のことをいいます。(*)
ご契約のお車が、所有権留保条項付売買契約またはリース契約により、売買・貸借されている場合は、使用者欄に記載された方を所有者とみなします。

車検証

ご契約のお車が軽二輪の場合は、「軽自動車届出済証」に記載されている所有者のことをいいます。
また、原付の場合は市区町村が発行する「標識交付証明書」などに記載されている所有者のことをいいます。

車検証のこちらをご確認ください

当社では、車両所有者が契約者本人、配偶者または親族の場合のみ、お引受けが可能です。
また、法人名義のお車のお取り扱いはございません。

ページトップへ