自動車保険

運転者限定特約
「家族型」について

運転者限定特約の「家族型」について、どこまでが家族の範囲なのでしょうか?

保険始期日が2019年1月1日以降のご契約については、運転者限定特約は「本人・配偶者型」のみとなります。詳しくは、こちらをご確認ください。

記名被保険者から見た
「家族型」の範囲について

運転者限定特約とは、補償される運転者の範囲を限定することにより、保険料を割引できる特約です。
アクサダイレクトの自動車保険では、「本人型」「夫婦型」「家族型」の3タイプがあり、特約をセットした場合には、それぞれの条件に該当する方が運転をした場合のみ補償されます。
なお、「家族型」を設定した場合に補償される運転者の範囲については、以下のように定めています。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

上記以外の別居の親族や、友人・知人などは「家族型」で補償される運転者の範囲には含まれません。

ご契約のお車が二輪・原付の場合、運転者限定特約はセットできません。

「家族型」をセットする場合はご注意ください

「未婚」とは、婚姻歴のない方のことをいいます。
また、「親族」とは6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族のことをいいます。

記名被保険者から見た家族型の範囲の図

「家族型」を設定した場合の年齢条件について

それでは、運転者限定特約で「家族型」を設定した場合、運転者の年齢条件はどのようにしたらよいのでしょうか?
実際によくある家族のケースで適切な設定方法をご説明します。

<同居の子が運転する場合>

運転者限定特約を「家族型」に設定することで補償されます

同居の子は、年齢条件の適用対象となりますので、運転される同居の子が対象となる年齢条件を設定してください。

22歳の同居の子が運転する場合

運転者限定特約は「家族型」を、運転者年齢条件特約は「21歳以上補償」を設定すれば適切な保険料となります。

<別居の未婚の子が運転する場合>

運転者限定特約を「家族型」に設定することで補償されます

別居の未婚の子は、年齢条件の適用対象外となりますので、運転される同居の親族が対象となる年齢条件を設定してください。

20歳の別居の未婚の子が運転する場合

運転者限定特約は「家族型」を、運転者年齢条件特約は「30歳以上補償」を設定すれば適切な保険料となります。

インターネット割引 最大20,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。バイク保険は最大10,000円の割引となります。