現在地
ホーム自動車保険補償内容相手方への補償 > 対物賠償保険

対物賠償保険

対物賠償保険

ご契約のお車の事故で、ほかの車や建物など他人の財物(モノ)に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負担するときに、1事故につき保険金額を限度として、保険金をお支払いします。

保険始期日によって内容が異なります。詳しくは、「重要事項説明書・保険約款」をご確認ください。

対物賠償保険における補償例

前方不注意により赤信号で停止中のトラックに追突して、トラックと積荷に損害を与えてしまった。

前方不注意により赤信号で停止中のトラックに追突して、トラックと積荷に損害を与えてしまった。こんな場合、対物賠償保険は、相手方のトラックの修理費と積荷の損害を補償します。

トラックが稼動できないことにより営業損害が発生した場合、その費用もお支払いします。

運転操作を誤って商店に突っ込み、店舗に2,700万円の損害を与えてしまった。
こんな場合、保険金額「無制限」のご契約なら、店舗への損害賠償の全額を補償します。

保険金額2,000万円でご契約の場合 自己負担700万円 保険金2,000万円

700万円が自己負担
(損害賠償額2,700万円-保険金額2,000万円)

損害賠償額が明らかに保険金額を超える場合、示談交渉ができませんので、ご注意ください。

保険金額「無制限」でご契約の場合 無制限なら 自己負担なし

アクサダイレクトが2,700万円全額お支払い

お支払いする保険金

対物賠償保険金

破損させた相手の財物の修理費等に対して、1事故につき保険金額(※)を限度として、保険金をお支払いします。また、損害防止費用、権利保全行使費用、緊急措置費用、落下物取り片づけ費用、原因者負担費用をお支払いします。

1事故あたりの保険金額は下記からお選びいただけます。
無制限/2,000万円/1,000万円

その他費用

示談交渉費用、当社への協力費用、訴訟費用、弁護士報酬、仲裁・和解・調停費用などを対人賠償保険金とは別にお支払いします。

お支払いできない主な場合

  • ご契約者、被保険者の故意によって生じた損害
  • 台風、洪水または高潮によって生じた損害
  • 下記のいずれかの方が所有、使用または管理する財物に対する損害
    1. (1)記名被保険者
    2. (2)ご契約のお車の運転者、その父母、配偶者または子
    3. (3)被保険者、その父母、配偶者または子

保険金額「無制限」をおすすめする理由

損害賠償の対象は車の修理だけとは限りません。
建物などの財物を損壊した場合、思わぬ高額な賠償責任を負うケースがあります。

一般的な車対車の事故であれば、1,000万円で十分カバーできそうに思えますが、事故で店舗などに突っ込んでしまった場合などは、思わぬ高額な賠償責任を負うケースもあります。もちろん、相手方の車が1,000万円を超える高額な車である場合も考えられます。
万一に備えるための保険ですから、アクサダイレクトでは対物賠償の保険金額は「無制限」をおすすめしています。

高額判決例(物損事故)

認定総損害額(*) 裁判所 判決年月日 被害物件
2億6,135万円 神戸地裁 1994年7月19日 積荷(呉服・洋服・毛皮)
1億3,580万円 東京地裁 1996年7月17日 店舗(パチンコ店)
1億2,037万円 福岡地裁 1980年7月18日 電車・線路・家屋
1億1,798万円 大阪地裁 2011年12月7日 トレーラー

出典:「ファクトブック2016・日本の損害保険」 一般社団法人日本損害保険協会 認定総損害額とは、被害者の損害額(弁護士費用を含む)をいい、被害者の過失相殺相当額を控除する前の金額です。

ご参考までに、アクサダイレクトでご契約いただいている方の対物賠償の保険金額を見てみると、96.3%の方が「無制限」でご契約いただいています(下図)。
いざという時のための保険です。無理のない負担で大きな安心を手に入れたいものです。

データで見る加入率

データで見る加入率 無制限96.3% 1,000万円2.7% 2,000万円1.0%

アクサダイレクトの自動車保険に新規でご契約いただいた方の対物賠償の保険金額

お客さまの96.3%の方が対物賠償保険を「無制限」でご契約いただいています。

2015年1月〜2016年10月に新規でアクサダイレクトの自動車保険をご契約いただいた方対象(アクサダイレクト調べ)

ページトップへ