現在地
ホーム自動車保険補償内容相手方への補償 > 対人賠償保険

対人賠償保険

対人賠償保険

ご契約のお車の事故により他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担した場合に、自賠責保険(強制保険)などで支払われる金額を超える部分に対して、保険金をお支払いします。

保険始期日によって内容が異なります。詳しくは、「重要事項説明書・保険約款」をご確認ください。

対人賠償保険の補償例

誤って歩行者をひいて、後遺症が残るほどのケガを負わせてしまった。

誤って歩行者をひいてしまい、後遺障害が残るほどのケガを負わせてしまった。こんな場合、対人賠償保険は、お客さまの責任割合に応じて、相手の方のケガに関わる治療費はもちろん、下記についても補償します。

  • 後遺障害が残存したことに対する精神的損害
  • 後遺障害が残存しなければ得られたであろう将来収入の喪失部分
運転操作の誤りによる事故を起して、同乗していた友人にケガを負わせてしまった。

運転操作の誤りによる事故を起こして、同乗していた友人にケガを負わせてしまった。こんな場合、同乗していたご友人のケガについても、対人賠償保険で補償します。人身傷害補償特約、搭乗者傷害保険でも補償の対象となります。

以下のような場合においても補償いたします。

  • 渋滞中の交差点で右折した際、直進してくるバイクと衝突し死亡させてしまった。
  • 住宅街の路地にて、右から出てきた自転車と衝突しケガを負わせてしまった。

お支払いする保険金

対人賠償保険金

被害者1名ごとに自賠責保険などの補償額を超える部分に対し、保険金額(※)を限度に保険金をお支払いします。その他に、損害防止費用、権利保全行使費用、緊急措置費用をお支払いします。

アクサダイレクトの保険金額は「無制限」となります。

対人臨時費用

被害者への見舞品代・香典代などの臨時費用を、被害者1名につき、死亡の場合10万円、入院20日以上の場合2万円を対人賠償保険金とは別にお支払いします。

その他費用

示談交渉費用、当社への協力費用、訴訟費用、弁護士報酬、仲裁・和解・調停費用などを対人賠償保険金とは別にお支払いします。

お支払いできない主な場合

  • ご契約者、被保険者の故意によって生じた損害
  • 台風、洪水または高潮によって生じた損害
  • 下記のいずれかの方が死傷された場合
    1. (1)記名被保険者
    2. (2)ご契約のお車の運転者またはその父母、配偶者もしくは子
    3. (3)被保険者の父母、配偶者または子
    4. (4)被保険者の業務に従事中の使用人

保険金額「無制限」としている理由

自動車事故による「人」への賠償は、治療費、逸失利益、精神的損害、将来の介護費などが想定されます。特に後遺障害や死亡の場合、逸失利益や精神的損害により賠償金額が高額となる可能性があります。

実際に発生した高額賠償判決例

5億2,853万円 男性41歳 開業医 死亡
3億9,725万円 男性21歳 大学生 後遺障害
3億9,510万円 男性20歳 大学生 後遺障害
3億8,281万円 男性29歳 会社員 後遺障害
3億7,886万円 男性23歳 会社員 後遺障害
出典:「ファクトブック2015・日本の損害保険」一般社団法人日本損害保険協会

上記判決例のように賠償金額は高額になることが多く、億を超える「高額賠償判決例」もまれではありません。万が一の場合に必要とされる保険ですから、アクサダイレクトでは対人賠償の保険金額は「無制限」としております。

ページトップへ