現在地
ホーム自動車保険補償内容ご自身や同乗者への補償 > 人身傷害補償特約

人身傷害補償特約

人身傷害補償特約とは、運転者自身や同乗者が事故でけがを負ってしまったときに、その治療費など実際の損害に対して保険金をお支払いするものです。

このページでは補償内容の概要を説明しています。詳しくは、「重要事項説明書・保険約款」をご確認ください。

人身傷害補償特約とは

人身傷害補償特約

人身傷害補償特約は、運転者や同乗者が事故により死傷された場合に、治療費・休業損害・精神的損害(慰謝料)・逸失利益などの実際の損害に対して、約款の損害額基準に従い保険金額を限度に保険金をお支払いいたします。
過失割合に関わらずお支払いいたしますので、示談解決を待つことなくスピーディーに保険金を受け取れます。
また、ご自身やご家族の、歩行中や自転車に乗っているときの自動車事故も補償します。

重度後遺障害の場合、手厚く補償!
約款に定める重度の後遺障害が生じ、かつ介護を必要とする場合、保険金額が無制限以外のときは、保険金額の2倍を限度に、お支払いします。

事故の過失割合に関係なく補償

ご契約時の保険金額を上限に、過失割合に関わらず、約款記載の損害額基準にしたがって算出した総損害額を受け取れます。

スピーディーに総損害額をお受け取り

示談交渉による過失割合の決定を待たず、スピーディーに総損害額を受け取ることができます。

選べる補償範囲

人身傷害補償には、歩行中の車との事故なども補償する「人身傷害補償特約」とご契約のお車に搭乗中の事故に補償を限定する「人身傷害補償特約(搭乗中のみ補償)」の2つのタイプがあります。

  • 人身傷害補償特約
    人身傷害補償特約 記名被保険者とそのご家族につきましては、自動車事故を幅広く補償します。ご契約のお車に搭乗中の事故に限らず、ほかの車に搭乗中の事故や歩行中、自転車搭乗中の自動車事故でも補償します。
  • 人身傷害補償特約(搭乗中のみ補償)
    人身傷害補償特約(搭乗中のみ補償) 補償範囲をご契約のお車に搭乗中の事故に限定することで、割安な保険料でご契約いただけます。また、複数台お車をお持ちの場合、補償の重複を避けられます。
補償範囲/ご契約タイプ 人身傷害補償特約 人身傷害補償特約
  1. *1:二輪・原付は対象外です。詳しくは、「重要事項説明書・保険約款」をご確認ください。
  2. *2:補償の対象となる方は、記名被保険者、その配偶者、またはこれらの同居の親族もしくは別居の未婚の子に限ります。
  3. *3:「人身傷害補償に関する被保険自動車搭乗中のみ補償特約」がセットされます。

人身傷害補償特約の補償金額例

運転操作を誤って事故を起して、ケガをした。歩行中に自動車に衝突され、ケガをしてしまった。友人の車に搭乗中に事故に遭い、後遺障害が残るケガを負った。
  • 運転操作を誤って事故を起こして、ケガをした。
  • 歩行中に車にひかれ、ケガをしてしまった。
  • 友人の車に搭乗中に事故にあい、後遺障害が残るケガを負った。

このような場合、治療に関わる費用や休業損害、精神的損害(慰謝料)といった損害を過失割合にかかわらず、保険金額を限度に補償します。

損害額は、約款記載の「人身傷害補償特約損害額基準」にもとづき計算します。

単独事故

事故状況:ハンドル操作を誤り、電柱に衝突。運転されていたご契約者さまが受傷。

事故状況:ハンドル操作を誤り、電柱に衝突。運転されていたご契約者さまが受傷。

おケガの状況
40歳代男性(会社員)
治療費 20万円(通院3ヶ月)
通院交通費 ほか 3万円
休業損害 40万円(1ヶ月の休業)
精神的損害(慰謝料) 32万円
合計 95万円
(当社約款の損害額基準にもとづく補償金額)

お客さまのご負担

人身傷害補償特約をセットしていない場合

治療費や休業損害、精神的損害(慰謝料)などの補償を受けることはできません。損害については自己負担となります。自損事故保険や搭乗者傷害保険のお支払対象となりますが、損害の実費を補償をするものではありません。

人身傷害補償特約をセットしている場合

95万円全額を人身傷害補償よりお受け取りいただけます。安心して治療に専念いただけます。

双方過失のある事故

事故状況:片側2車線の道路。左車線を走行中の相手車両が、急に右車線に進路変更をし、ご契約者さまが運転する車両と衝突。ご契約者さまが受傷。

事故状況:片側2車線の道路。左車線を走行中の相手車両が、急に右車線に進路変更をし、ご契約者さまご自身が運転する車両と衝突する。ご契約者さまが受傷。

おケガの状況
50歳代女性(主婦)
治療費 60万円(通院6ヶ月)
通院交通費 ほか 7万円
休業損害 17万円(2ヶ月の休業)
精神的損害(慰謝料) 66万円
合計 150万円
(当社約款の損害額基準にもとづく補償金額)

お客さまのご負担

ご契約者さまの過失30%

今回事故で、ご契約者さまの過失は30%となりました。
105万円(150万円×相手過失70%)については、相手方に損害賠償請求することができます。

人身傷害補償特約をセットしていない場合

45万円(150万円×過失30%)の補償は、相手方より受けることはできません。搭乗者傷害保険のお支払い対象となりますが、損害の実費を補償するものではございません。

人身傷害補償特約をセットしている場合

45万円(150万円×30%)は、ご加入の人身傷害補償特約より支払われます。
また、相手との示談解決を待つことなく、損害額の全額150万円をお受け取りいただくことが可能です。この場合は、当社が相手方の自賠責保険(強制保険)や自動車保険(任意保険)への請求手続きを行います。

お支払いする保険金

人身傷害保険金

人身傷害保険金として下記の損害などについて保険金額を限度にお支払いします。
死亡した時・・・逸失利益、精神的損害(慰謝料)、葬儀費用など
後遺障害を負ったとき・・・逸失利益、精神的損害(慰謝料)、将来の介護費用など
傷害を負ったとき・・・治療関係費、休業損害、精神的損害(慰謝料)など
また、損害防止費用、権利保全行使費用をお支払いします。

保険金をお支払いできない主な場合

  • 被保険者の故意または重大な過失によってその被保険者本人に生じた損害または傷害
  • 次のいずれかに該当する場合にその被保険者本人に生じた損害または傷害
    1. a.無免許運転
    2. b.麻薬などの影響で正常な運転ができないおそれがある状態での運転
    3. c.酒気を帯びた状態での運転
  • 被保険者の脳疾患、疾病または心身喪失によって生じた損害または傷害
  • 地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害または傷害
  • ご契約のお車を競技・曲技のためなどに使用すること、または、これらを行うことを目的とする場所において使用することによって生じた損害または傷害

ページトップへ