業界最高水準のインターネット割引 最大20,000 閉じる
 
現在地
ホーム自動車保険自動車保険の選び方代理店型とダイレクト型の違い

保険の切り替え(乗り換え)時のポイント

保険会社を切り替えるときのタイミングと確認すべきポイントをご案内します。

切り替えタイミングによる違い

自動車保険の保険会社を切り替えるときは、「保険満期日」だけではなく「保険期間中」にも切り替えることが可能です。
「保険期間中」に保険会社を切り替える場合、事故がない場合はノンフリート等級の進行が遅くなること、事故がある場合はノンフリート等級が下がるタイミングが早まること、解約お手続きが必要となることがデメリットとなります。
それでは、切り替えタイミングによるノンフリート等級とお手続きの違いを確認しましょう。

事故の有無によるノンフリート等級の引継ぎ

保険期間中の事故の有無と切り替えるタイミングによって、ノンフリート等級の引継ぎにデメリットが発生しますので、注意が必要です。

現在契約している保険期間中に事故なし

保険満期日に切り替える場合

1月1日から1年間の15等級の契約の場合、満期日である翌年1月1日に保険会社を切り替えると、事故がなければ翌年の契約は等級が1等級あがり16等級となります。

保険期間中に切り替える場合

1月1日から1年間の15等級の契約の場合、その年の6月1日に解約して保険会社を切り替えると、契約期間が1年に満たないため、事故がなかったとしても、切り替えた新契約は等級があがらず、6月1日から1年間は15等級での契約となります。

このため、保険期間中に切り替える場合、保険満期日で切り替える場合に比べノンフリート等級の進行のタイミングが遅くなります。

()内は事故有係数適用期間となります。

現在契約している保険期間中に等級ダウン事故あり

保険満期日に切り替える場合

1月1日から1年間の15等級の契約中に3等級ダウン事故があった場合、満期日である翌年1月1日に保険会社を切り替えると、翌年の契約の等級は3等級下がり、12等級となります。

保険期間中に切り替える場合

1月1日からの15等級の契約中に3等級ダウン事故があった場合、その年の6月1日に解約して、保険会社を切り替えると、切り替え後の6月1日の新契約から12等級となります。

このため、保険期間中に切り替える場合、保険満期日で切り替えをするよりも早くノンフリート等級が下がります。

()内は事故有係数適用期間となります。

万一、保険満期日を過ぎてしまった場合でも、満期日の翌日から7日以内であればノンフリート等級の引継ぎが可能となります。
また、8日以上経過した場合でも「自動継続特約」がセットされている場合など、ノンフリート等級を引継ぎして契約ができる可能性がありますので、現在の保険会社にお問合わせください。

なお、車を手放す・海外渡航などの理由により解約し、一時的にご契約を中断する場合には、中断証明書の発行をお申出いただくことにより、ノンフリート等級を継承することができます。

中断証明書

お手続きについて

「保険満期日」の切り替えと「保険期間中」の切り替えでは、お手続きが異なります。

保険満期日に切り替える場合-新規契約手続きが必要

保険期間中に切り替える場合-解約の手続きが必要-新規契約手続きが必要

【保険満期日に切り替える場合】

現在の契約の保険満期日と次の契約の保険始期日を同日に設定し、お申込みと保険料の払込みを行います。

現在の契約については、更新の手続きを行わなければ、満期終了となります。
ただし、保険会社によっては「自動継続特約」がセットされていることがあります。この特約がセットされていた場合には、保険会社へ継続しない旨の連絡をしなければならない場合があります。現在の契約を確認し、もし「自動継続特約」がセットされていたら、現在の保険会社へ契約を継続しない旨の連絡をしましょう。

【保険期間中に切り替える場合】

現在契約中の保険会社へ解約の連絡を行い、現在の契約の解約日と次の契約の保険始期日を同日に設定する必要があります。
解約返戻金は残りの保険期間により、短期料率や月割など各保険会社で定められた方法で計算されますので、契約期間中での切り替えを検討する場合には、事前に解約返戻金を確認しましょう。

なお、アクサダイレクトでは、保険期間中に他社から当社へ切り替える場合、インターネットでのお手続きができないため、インターネット割引が適用されません。

補償内容の選び方

ページの先頭へ