現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬の病気事典

犬の病気事典:循環器の疾患

三尖弁閉鎖不全症

概要

心臓の血液の逆流を防ぐ弁のかみ合わせが悪くなることで発症する病気の1つです。心臓には4つの部屋と4つの弁があり、弁は血液の逆流を防ぐ働きをしています。三尖弁閉鎖不全症は、血液が全身から戻ってきた部屋(右心房)と肺に血液を送る部屋(右心室)の間の弁(三尖弁)がしっかりと閉じなくなることで起きる病気です。この病気になると、本来は右心室から肺に流れる血液が右心房に逆流してしまいます。逆流が強くなると後大静脈にも血液が逆流し、静脈の血圧が上昇し、お腹や胸に水が溜まります(腹水、胸水)。心臓が大きく膨らむ(心拡大)ことで気管を圧迫し、咳が出る場合もあります。
三尖弁閉鎖不全症を発症するのは、僧帽弁と三尖弁が共に弱っている犬が多いです。その場合、まず僧帽弁の閉鎖不全によって肺に逆流した血液が肺の血圧を上げてしまい(肺高血圧)、やがて三尖弁への負荷が増えて三尖弁閉鎖不全の症状が悪化するパターンで、そのような犬は、まず僧帽弁閉鎖不全の症状(咳、肺水腫、チアノーゼ、失神)などが先に出てきます。そのほかの肺高血圧を起こすような心疾患や三尖弁の奇形、重度な呼吸器疾患、肺血栓塞栓症などでも三尖弁閉鎖不全症を発症します。

症状

軽度な三尖弁閉鎖不全症のみの場合は、無症状な場合が多いです。そのような犬は、動物病院での聴診や健康診断で偶然見つかります。重症化した場合や、そのほか、右心室に負荷がかかる病気に併発した場合、お腹が異常に張る(腹水、肝腫大)、呼吸が苦しそう(胸水、肺水腫)、疲れやすい、食欲不振、下痢、体重減少、失神などが現れます。急に気持ち悪そうに嘔吐して倒れてしまったり、舌や口の粘膜の色が白っぽくなったり、青紫色になったりした場合は、命に関わる変化が起きている可能性がありますので、早急に動物病院に相談しましょう。

対象

先天的な三尖弁の異常にともなう発症は大型犬に多く、好発犬種としてはラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、ボクサー、ジャーマン・シェパード、アイリッシュ・セター、グレート・デーンなどが挙げられます。肺高血圧症から続発する三尖弁閉鎖不全症は、弁の粘液腫様変性が好発する犬種、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、トイ・プードルおよびミニチュア・プードル、ミニチュア・シュナウザー、アメリカン・コッカー・スパニエル、ダックスフンド、ボストン・テリア、シー・ズーなどによく見られます。

予防、治療

予防法はありません。症状がある場合は、早めに専門家に相談しましょう。
治療は内科療法と食事療法が主体になります。症状が無く、軽度な三尖弁閉鎖不全症のみの場合は、経過観察で良いでしょう。そのほかの心疾患、特に肺高血圧症を伴う場合は、そちらの治療を行うことが必要です。安静をとりつつ、ナトリウムを制限した食事に変更し、心臓の負担を減らします。強心剤や利尿剤、血管拡張剤、肺血管拡張薬などを使用して心臓の負担を抑えつつ肺動脈の圧を下げ、うまく肺や全身に血液が送れるようにしていきます。どのような薬を使用するかは状態によってさまざまなので、専門家と相談をして、定期的に心臓の検査をしつつ決定していきましょう。

監修

白神 久輝 先生

埼玉県草加市にある「ぐぅ動物病院」の院長。2005年4月の開院以来、大学病院や専門病院と連携をとりながら、常に最先端の技術や機器を導入しており、飼い主の方にもわかりやすい説明でサービスを提供し続けている。また病気になりにくい体づくり(予防、日常ケア)のアドバイスも積極的に行っており、地域のかかりつけ医・中核病院として親しまれている。

「病気事典」には「アクサダイレクトのペット保険」の補償対象外の病気も掲載されていることがあります。

ペットの治療費は 飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

犬の病気事典

お電話でのお問合せ
0120-958-571 月〜金 9:00〜18:00
土 9:00〜17:00
日・祝日休み