現在地
ホームペット保険犬の保険をご検討の方犬の病気事典 > 胆嚢粘液嚢腫

犬の病気事典:肝・胆・膵の疾患

胆嚢粘液嚢腫

概要

胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)とは、胆嚢内にゼリー状の粘液(ムチン)が過剰に貯留して胆嚢がパンパンに拡張した状態になり、胆汁の分泌障害や破裂を起こす病気です。
胆嚢はイチジク状の袋で、肝臓のすぐそばにあります。肝管という管で肝臓とつながっていて、肝臓で作られた胆汁は一旦胆嚢に蓄えられます。肝臓で作られた胆汁は水分が豊富で、胆汁酸、胆汁色素(ビリルビン)、コレステロールなどが多く含まれています。胆嚢では胆汁の水分を吸収して濃縮しつつ、粘液(ムチン)を分泌して胆嚢自身が傷つかないように守っています。食事をすると胆嚢は収縮して、たまった胆汁は総胆管という管をとおり、十二指腸に放出されます。腸に放出された胆汁は、食べた物と混ざり脂肪分を乳化(脂肪分が水分に溶けやすく乳白色になった状態)させ、腸からの脂肪吸収を助けています。
この病気は、胆嚢自身を胆汁から保護するために分泌される粘液(ムチン)が何らかの原因で過剰になったことで発生すると考えられていますが、正確なメカニズムは解明されていません。疑われている原因として、胆嚢の収縮機能低下、胆石(胆泥)症、脂質の代謝異常、ホルモンバランスの異常(甲状腺機能低下症、クッシング症候群など)、腸炎などが胆嚢内の粘液過剰の要因になるのではないかと考えられています。
この病気の犬は、ほとんどの場合、無症状で過ごしています。長期間かけて胆嚢内で粘液の貯留が限界を迎えたり、細菌感染を起こしてはじめて症状が確認されます。定期的に超音波検査を行うと簡単に早期発見が可能なので、中高齢犬におすすめします。

症状

初期はほとんどの場合、無症状です。胆嚢内の粘液が限界量になった場合、胆汁の分泌障害や胆嚢炎、膵炎、肝炎などによって、嘔吐、下痢、食欲不振、発熱、黄疸、腹痛などが確認されます。胆嚢が破裂した場合は、胆汁による腹膜炎(腹水を採取すると暗緑色の物が混ざります)によって命に関わる状態になります。

対象

中高齢犬に多く発生します。好発犬種として、シェットランド・シープドッグ、コッカー・スパニエル、ビーグル、シー・ズー、ミニチュア・シュナウザーなどが挙げられます。基礎疾患として甲状腺機能低下症、クッシング症候群、胆石(胆泥症)、脂質代謝異常を持つ犬や脂肪分の過剰摂取がある犬は、特に注意が必要です。

予防、治療

予防は、胆嚢の機能をしっかり保つことと血液中のコレステロールや中性脂肪が過剰にならないように管理することです。適度な運動をし、太らせないこと。高カロリーな食事や脂肪分の過剰な摂取は避けましょう。食事の間隔は適度にあけて間食を控えると、胆嚢の収縮する機能は発揮されやすいです。
治療は、内科療法と外科療法があります。内科療法は、利胆剤によって胆汁分泌を促進することで胆汁の流れを改善します。ただし、粘液の貯留が重度な場合は、胆嚢破裂に十分注意して使用します。細菌感染が疑われる場合は、抗生剤を投与して感染をおさえます。基礎疾患がある場合は、そちらの治療も同時に行われます。特に甲状腺機能低下症がある犬は、そちらの治療によってこの病気の改善が見られる場合があります。
重症な場合は、速やかに外科療法を行います。外科療法は胆嚢全摘出が行われます。総胆管に閉塞がある場合、カテーテルによる洗浄や、総胆管を切開して閉塞を取り除いたり、胆嚢や総胆管を十二指腸につないで迂回路を作成する手術が検討されます。

監修

白神 久輝 先生

埼玉県草加市にある「ぐぅ動物病院」の院長。2005年4月の開院以来、大学病院や専門病院と連携をとりながら、常に最先端の技術や機器を導入しており、飼い主の方にもわかりやすい説明でサービスを提供し続けている。また病気になりにくい体づくり(予防、日常ケア)のアドバイスも積極的に行っており、地域のかかりつけ医・中核病院として親しまれている。

「病気事典」には「アクサダイレクトのペット保険」の補償対象外の病気も掲載されていることがあります。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

ページトップへ