現在地
ホームペット保険猫の保険をご検討の方猫好きのための猫図鑑 > エキゾチックロングヘアー

エキゾチックロングヘアー

エキゾチックロングヘアー

かかりやすい病気・ケガ

短頭種気道症候群

短頭種の顔や首の構造上、呼吸がうまく行えないことがあり、その総称を短頭種気道症候群と言います。肺へ空気を送る気管がつぶれてしまう気管虚脱、鼻の穴が狭くなる鼻腔狹窄、口の中の上あごの肉が垂れてくる軟口蓋過長などにより、激しいパンティング、呼吸困難、呼吸時のゼイゼイとした雑音などが確認されます。

三宅 亜希先生

かかりやすい病気・ケガの監修

三宅 亜希先生

日本で唯一の会員制電話どうぶつ病院「アニクリ24」院長。都内の動物病院にて小動物臨床に従事したのち現職。繊細なコミュニケーション力を生かし、小動物医療の現場で毎日寄せられている様々な相談に応じている。

「猫好きのための猫図鑑」には「アクサダイレクトのペット保険」の補償対象外の病気やケガも掲載されていることがあります。補償対象外の病気については、「契約申込のご案内(兼重要事項説明書)」をご確認ください。

病気の詳しい説明はこちら

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

特徴

容姿

ペチャンコの顔が一番の魅力

体つきはがっしりとして、身長だけでなく、足やしっぽも短めで愛らしさ溢れるスタイルです。そしてなんといっても最大の魅力は潰れたようなペチャンコの顔立ちです。丸い顔立ちは額やあごの部分が広く、頬も膨らんでいます。そして鼻は短く、口からつながるように膨らんでいて、愛嬌たっぷりです。被毛はその名の通り長毛で、様々な毛色があります。

歴史

美しさを求めて誕生した新しい猫種

ペルシャとアメリカンショートヘアーを交配した猫種にエキゾチックショートヘアーがいますが、ペルシャの血統を受け継いでいるため、長毛が生まれる場合もあります。それがエキゾチックロングヘアーです。ペルシャの豊かな毛質とアメリカンショートヘアーやバーミーズの毛色を組み合わせるために、1950年代に交配が開始され、最終的にはペルシャとバーミーズから生まれた個体にアメリカンショートヘアーをかけ合わせたものを、エキゾチックと呼ぶようになりました。血統的には安定しておらず、長毛の個体をエキゾチックロングヘアーと呼びます。

お手入れ

独特な顔つきならではの注意点

被毛は長いだけでなく、毛量も多めです。ブラッシングをマメに行い、しっかりと絡みついた抜け毛を取り除きましょう。運動量が少なく太りやすいので、エサは少なめに与えます。また、その独特な形の目と鼻にも注意が必要です。目ヤニが溜りやすく鼻づまりもしやすいので、念入りにケアしてあげましょう。

性格

温厚な性格でとてもマイペース

マイペースで寝ている時間が多いのがエキゾチックロングヘアーの特徴です。ただし起きている時はとても甘えん坊で、遊ぶことが大好き。飼い主とのスキンシップを大切にする、とても飼いやすい猫種です。

ペットの治療費は飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、
365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

24時間ペット健康相談サービスとは?

純血種

ページトップへ