現在地
自動車保険・バイク保険のよくあるご質問トップご継続契約(更新時)の手続きについて > 事故がないのに保険料が上がりました。

よくあるご質問

自動車保険・バイク保険共通

事故がないのに保険料が上がりました。

回答

事故がなく等級が進行した場合でも保険料が上がる主な要因は、例として以下の理由が考えられます。

  • 1)お車の料率クラス(型式別料率クラス)に変更があった

    「自家用普通乗用車」と「自家用小型乗用車」においては、損害保険料率算出機構の算出する「型式別料率クラス」を採用し保険料を算出しています。お車の型式別に「対人」「対物」「傷害」「車両」の補償項目があり、それぞれ事故実績により1〜9段階のクラスに区分され、このクラスが大きいほど保険料は高くなります。
    「型式別料率クラス」は事故実績等(*)により毎年見直しされ、補償項目毎にクラスが1つ変更になると該当する保険料が増減するため、変更があった場合は全体の保険料に影響します。
    お客様個人の保険事故実績ではなく、お車の型式ごとの保険事故実績に基づいて決められています。

  • 2)主に運転される方の年齢の進行

    年齢条件は、「30歳以上補償」「26歳以上補償」「21歳以上補償」「全年齢補償」の区分がありますが、同じ区分でも主に運転なさる方の保険始期日時点の年齢によって、保険料が異なります。
    特に高齢者ドライバーの場合は、年齢が上がるごとに保険料も上がる傾向にあります。

  • 3)インターネット割引や紹介契約割引適用

    1年目にインターネット割引や紹介契約割引が適用されていた場合には、2年目以降の保険料が相対的に高くなります。

  • 4)保険料の改定

    適正な保険料水準となるよう保険料の見直しを行った場合には、事故がないにもかかわらず、前年の同条件と比較して保険料が上がる場合があります。

アクサダイレクト総合自動車保険は、お客さまそれぞれのリスク要素に基づき保険料を算出する『リスク細分型自動車保険』です。下記の項目は、保険料を決定する主な要素です。

(自動車保険の場合)
お車の使用目的、運転免許証の色、年間予想最大走行距離、お住まいの地域
年齢、用途車種・型式、車齢(初度登録年月からの期間)
(バイク保険の場合)
お車の使用目的、運転免許証の色、年間予想最大走行距離(125cc超に適用)
お住まいの地域、年齢(125cc超に適用)、種別(原付・軽二輪・小型二輪)

よくあるご質問