現在地
ホームバイク保険バイク保険の選び方はじめてのバイク保険 > 自賠責保険(強制保険)とバイク保険(任意保険)の違いは?

自賠責保険(強制保険)とバイク保険(任意保険)の違いは?

バイク保険とは?これだけは知っておきたい基本知識をご紹介します。

自賠責保険とバイク保険について

バイクの保険には、「自賠責保険(強制保険)」と「バイク保険(任意保険)」の2種類の保険があります。この2つの保険の大きな違いは、加入義務と補償範囲の違いです。
自賠責保険は強制保険のため、すべての自動車(二輪・原付を含む)に加入が義務づけられています。一方、バイク保険は加入が任意で、自賠責保険だけではカバーしきれない部分を補う保険です。

自賠責保険(強制保険):すべての自動車(二輪・原付を含む)に加入が義務づけられている保険 バイク保険(任意保険):自賠責保険だけではカバーしきれない部分を補うため任意で加入する保険

補償範囲の違い

補償範囲の違い

自賠責保険(強制保険)は、被害者保護の観点で加入が義務づけられているため、被害者に対する補償のみで、他人の財物(モノ)に損害を与えた場合や、ご自身については補償されません。補償額にも上限があり、万一被害者が亡くなった場合、1名につき3,000万円までしか補償されません。
一方、バイク保険(任意保険)では、被害者に対する補償だけでなく、ご自身や同乗者のための補償もカバーします。備えたい対象や目的に応じて、補償を組み合わせ、補償額の上限をご自身で設定することができます。

任意保険のメリット

任意保険には相手方やご自身への補償だけでなく、安心してカーライフを過ごしていただけるよう、任意保険ならではのサービスが付帯されております。

示談交渉サービス

事故により法律上の損害賠償責任を負担することになった場合に、お客さまに代わって保険会社が相手方や相手方保険会社と直接示談交渉を行います。自賠責保険しか加入していない車で事故を起こした場合は、ご自身で示談交渉を行わなければならないため、有用なサービスです。現行のバイク保険は、このサービスがついている商品が一般的です。

ロードサービス

事故または故障により自力走行できない場合など、さまざまなトラブルに対応するサービスです。保険会社によっては、外出先や旅行先でバイクが動かなくなってしまったときに、バイクのレッカー移動だけでなく、宿泊費用や帰宅のための交通費までサポートするサービスなどもあります。

付帯されているサービスの種類やサービス内容は保険会社により異なります。

ページトップへ