バイク保険

バイク保険(任意保険)の
等級制度まるわかりガイド

事故でバイク保険を
使った場合

当社では、ご契約のバイク1台ごとの事故の発生状況に応じて、1等級から20等級までの等級区分により
保険料が割増・割引されるノンフリート等級別料率制度を採用しています。

事故を起こして、バイク保険(任意保険)を使った場合は
等級がダウンします。

対人賠償保険(他人を死傷させた場合の補償)や対物賠償保険(他人の財物(モノ)を壊した場合の補償)を使った場合、
次年度の契約時に等級が3つ下がります。

基本は3等級ダウン 電柱との衝突 車との衝突 等級が3つ下がります 20等級19等級18等級17等級

ノーカウント事故になる場合もあります。

翌年の等級に影響がなく、無事故と同様に等級が1つ上がるノーカウント事故の例を紹介します。

ノーカウント事故になる場合
弁護士費用等補償特約事故

弁護士費用等補償特約事故

搭乗者傷害保険事故

搭乗者傷害保険事故

無保険車傷害保険事故/人身傷害補償特約事故など

等級のダウンは事故の種類によって決まります。支払保険金の大小は等級に影響いたしません。

「無事故」と「事故あり」の場合

同じ等級でも事故の有無で保険料の割引率が変わります。

■無事故の場合の割引イメージ ■事故ありの場合の割引イメージ 7等級から、等級毎に無事故・事故ありで割引率が変化します 6等級までは、無事故・事故ありとも割増引率は同じ

同じ12等級でも、「事故あり」の場合、「無事故」で12等級に上がった契約より保険料が高くなります。

「無事故」の12等級
「無事故」の12等級
「事故あり」の12等級
「事故あり」の12等級

「事故あり」の期間とは?

「事故あり」の割増・割引率を適用する期間のことを、「事故有係数適用期間」といいます。
事故有係数(割増引率)を適用する期間を管理するために、事故有係数適用期間を「0〜6年」設けています。

事故を起こしてバイク保険(任意保険)を使った場合、下がった等級にあわせて、事故有係数が次年度から適用されます。
3等級ダウン事故の場合、次年度の契約から3年間「事故あり」の割増引率を適用する期間が続きます。なお、ノーカウント事故の場合は事故有係数は適用されません。

等級・事故有係数適用期間の
具体例

3等級ダウン事故発生時のイメージ

3等級ダウン事故が発生した場合 3等級ダウン事故発生時のイメージ 無事故なら4年後に19等級へ ■無事故係数 ■事故有係数

現在のご契約の保険期間中に3等級ダウン事故が1件発生した場合、その次年度のご契約から3年間事故有係数が適用されます。
その間保険事故が発生しなかったときは、4年後のご契約で現在と同じ等級(15等級、無事故係数)となります。

記名被保険者の変更があった場合でも、当社で継続されるご契約の記名被保険者が当社規定に該当するときは、等級だけでなく事故有係数適用期間も継承します。

インターネット割引 最大10,000円!

割引額は保険料に応じて異なり、所定の条件があります。