現在地
ホーム企業情報アクサダイレクトについて経営戦略と行動原則

コンプライアンス基本方針

当社は、親会社であるアクサ生命保険株式会社が制定した中長期のコンプライアンス整備目標である「コンプライアンスポリシー」を具現化するために、“社内の各組織が日本の法令や社会規範と調和して健全な企業活動を確保していくこと”をコンプライアンスの基本方針としています。
当社においても、遵守すべき法令などを解説した「コンプライアンスマニュアル」を策定し、研修などを通じて、役職員に周知徹底を図っています。また、コンプライアンスを実現するための具体的な実践計画として、毎年「コンプライアンスプログラム」を策定し、「コンプライアンス委員会」などにおいてその進捗状況を管理するなど、コンプライアンス推進体制の整備を図り、コンプライアンス重視の企業風土の醸成に努めています。

利益相反管理方針の概要

当社は、当社が行う取引によりお客さまの利益が不当に害されること(以下、「利益相反」といいます)のないよう、利益相反管理体制を整備するとともに、会社規定として「利益相反管理方針」を策定しています。
当社は、本管理方針に基づき、適切に業務を行います。なお、本管理方針の概要は以下のとおりです。

1.法令などの遵守

当社は、利益相反について定められた法律そのほかの法令、ガイドライン、会社規定などを遵守します。

2.利益相反のおそれのある取引の管理

  • 当社は、利益相反のおそれのある取引をあらかじめ特定・類型化します。
  • 当社は、特定・類型化した取引について、その管理方法を個々に定めるなど必要な措置を講じることにより、利益相反を適切に管理し、お客さまの利益が不当に害されることを防止します。
  • 当社は、かかる特定・類型化および管理のために行った措置について記録し、作成の日から5年間その記録を保存します。
  • 当社は、特定・類型化した取引について定期的に検証し、その検証結果を受けて、その記録の更新などを行うことにより、管理体制の実効性を確保します。

3.社内体制の整備

  • 当社は、次のとおり、利益相反管理責任者および利益相反管理統括部署を設置します。
利益相反管理責任者 コンプライアンス部を所管する本部長
利益相反管理統括部署 コンプライアンス部
利益相反管理統括部署は、利益相反管理責任者の下、関連部署と連携して利益相反のおそれのある取引の管理を行います。

4.監査部門による検証

利益相反の管理にかかる体制については、監査部門が監査を行い、その適切性および有効性を定期的に検証するものとします。

反社会的勢力に対する基本的方針

当社は、反社会的勢力との関係を遮断し被害を防止するため、以下のとおり基本方針を定め、宣言します。

  1. 当社は、反社会的勢力による不当要求に対して、社長以下組織全体として対応するとともに、対応する従業員の安全を確保するための体制を整備します。
  2. 当社は、損害保険会社に対する公共の信頼を維持し、損害保険会社の業務の適切性および健全性を確保するため、反社会的勢力との取引を含めた関係を遮断し、不当要求に対しては断固として拒絶します。
  3. 当社は、反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から警察、暴力追放推進センター、弁護士などの外部専門機関と緊密な連携を構築していきます。
  4. 当社は、反社会的勢力による不当要求に対しては、あらゆる民事上の法的対抗手段を講ずるとともに、被害が生じた場合には刑事事件として被害届の提出または告訴・告発を行います。
  5. 当社は、いかなる理由があっても、事案を隠ぺいするための反社会的勢力との裏取引、資金提供などは絶対に行いません。
ページの先頭へ