現在地
ホームペット保険猫の保険をご検討の方猫好きのための猫図鑑

三毛猫(日本猫)

三毛猫(日本猫)

特徴

容姿

3色の毛色をもち、その多くは雌

三毛猫は種類ではなく、日本猫の柄のひとつ。白、黒、茶の3色の毛をもつ猫のことです。染色体の関係で、3色となるのは雌が多く、雄が生まれる確率は1万分の1以上とも言われています。白、黒、茶色だけでなく、白、茶、こげ茶など、組み合わせはさまざまです。ベースとなる白の部分が多く、他の2色が少ないのはトビ三毛。茶色や黒の部分が縞になっているものは縞三毛と呼ばれます。逆に、ベースとなる白の割合が小さく、ほかの色が多い場合も三毛猫となります。

歴史

日本だけの固有種

鼻筋が通り、短毛で、尻尾は細いものと短いものの2種類あるのが日本猫の特徴です。なかでも短くて丸い尻尾は日本猫にしかないとされています。日本猫と言っても、現在では外来種との混血も進み、そのほとんどが雑種ですが、その中でも三毛猫は古来からの日本猫の特徴をよく残しているとされています。またはっきりとした3色の毛をもつ猫は世界的にも珍しい存在で、「MIKE」は英語にもなっているほどです。珍しい雄の三毛猫は縁起のいい存在として珍重されています。

お手入れ

季節の変わり目の抜け毛には注意

短毛が三毛猫も含めた日本猫の特徴でもあり、日頃のお手入れはとても楽です。猫が自分でする毛づくろいで十分ですが、夏毛と冬毛に生え変わる春と秋には抜け毛が多くなるので、小まめなブラッシングが必要となります。

性格

賢くて気分屋でマイペース

三毛猫の性格は、賢くて、プライドが高く、マイペース。人とも程よい距離感を保ちますが、甘えたいときは自分から寄ってくるなど、気ままな性格です。また、雌が多いことから、母性も強い種類とされています。

ペットの治療費は 飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

かかりやすい病気・ケガ

三毛猫特有の疾患も、日本猫特有の疾患もありません。日本にいる猫たちはとても健康で飼育しやすいことが知られています。しかし、一般的に猫に多い以下の疾患には日頃から注意しておきましょう。

※日本猫で特にかかりやすいということではありません。

慢性腎臓病

腎臓が数カ月から数年かけて徐々に機能しなくなっていく疾患です。慢性的な腎臓の炎症が原因ですが、炎症が起こる原因ははっきりとは判っていません。

尿路結石

尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)に出来る結石のことで、膀胱炎や、尿道閉塞の原因になります。
飲水不足により尿が濃くなることや、食事の内容により結石ができやすくなります。

膀胱炎

膀胱の粘膜に炎症が起きる病気です。細菌感染や、膀胱結石(結晶)などが原因となりますが、原因不明のことも多いです。

かかりやすい病気・ケガの監修

三宅 亜希先生

三宅 亜希先生

日本で唯一の会員制電話どうぶつ病院「アニクリ24」院長。都内の動物病院にて小動物臨床に従事したのち現職。繊細なコミュニケーション力を生かし、小動物医療の現場で毎日寄せられている様々な相談に応じている。

「猫好きのための猫図鑑」には「アクサダイレクトのペット保険」の補償対象外の病気やケガも掲載されていることがあります。補償対象外の病気については、「契約申込のご案内(兼重要事項説明書)」をご確認ください。

病気の詳しい説明はこちら

三毛猫(日本猫)の保険料例

プラン50 プラン70
月払 1,080円/月 1,620円/月
年払 11,980円/年 17,970円/年

<見積り条件(プラン50/70共通)>

年齢:2歳 マイクロチップ割引:適用 インターネット割引:適用 お支払い方法:クレジットカード支払 保険始期日:2021年6月1日

※ 新規でご契約いただいた場合の保険料例となります。上記は一例(イメージ)となりますので、実際の保険料はお見積りよりご確認下さい。

ペットの治療費は 飼い主さまの全額負担!

もしもに備えて、ペット保険に加入していれば安心です。

さらにアクサダイレクトなら

獣医師相談サービスが24時間無料!

突然の体調不良やしつけでお困りのとき、365日24時間、獣医師の電話相談が無料で受けられます。

純血種

保険料を調べてみる!

お電話でのお問合せ

0120-958-571

月〜金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜17:00 / 日・祝日 休み

※ 月払の場合、割引額が異なる場合があります