現在地
ホーム企業情報ニュースリリースプレスリリース2018年

アクサダイレクトが社外に発表する広報資料を原文のまま掲載しています。

アクサジャパングループ、
「平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震」による被災地への復興支援金拠出を決定

「平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震」により被災された皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

アクサ生命保険株式会社(東京都港区、代表執行役社長 兼 CEO:ニック・レーン、以下「アクサ生命」)、アクサ損害保険株式会社(東京都台東区、代表取締役社長 兼 CEO:ハンス・ブランケン、以下「アクサ損害保険」)、アクサダイレクト生命保険株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:斎藤英明、以下「アクサダイレクト生命」)は、被災された皆さまの支援や被災地の復興に役立てていただくため、1,000万円を拠出することを決定いたしました。被災地の皆さまの受け入れ態勢が整い次第、支援金をお送りする予定です。

また、アクサ生命では、社員からの寄付を募り集まった金額に、会社から同額のマッチングをした金額を、被災地の緊急支援や復旧支援を行っている、公益社団法人Civic Forceに別途寄付することも決定しております。

北海道はアクサジャパングループの各種事業において非常に重要な地域となっています。アクサ生命は旧日本団体生命の時代から約80年以上、北海道のお客さまに保険による保障をお届けしてまいりました。道内には250名以上の営業社員が在籍し、商工会議所の共済制度のお引き受けや、中小企業における健康経営や事業リスク対策のアドバイス、そして個人のお客さまのライフコンサルティングなどを行っています。

また、アクサ損害保険は、2013年に旭川市にコンタクトセンターを設置しました。2014年にはアクサ生命が「札幌本社」を設立し、オペレーションにおける重要な機能を果たしています。さらに、2016年にアクサダイレクト生命は旭川市にカスタマーサービスセンターを開設するなど、現在では委託先のスタッフを含めて約600名のアクサジャパングループの社員が北海道で業務をしております。

被災地の一日も早い復旧と、被災された皆さまのご健康を心からお祈り申し上げます。災害救助法が適用された地域にて被災されたご契約者さまのご契約につきましては、特別なお取扱いをさせていただいております。アクサジャパングループ各社のホームページをご確認ください。

ページトップへ

ページの先頭へ