アクサダイレクト

 
現在地
ホーム自動車保険補償内容

その他の補償

もらい事故への備え、ご家族の安全など、より大きな安心のための補償です。

弁護士費用等補償特約

弁護士費用等補償特約

相手との交渉や訴訟で必要となる弁護士費用や法律相談費用などに備える特約

被害事故で死傷された場合、または自己所有の財物(モノ)に損害を被った場合に、あらかじめ当社の承認を得て損害賠償請求を弁護士などへ委任した際に生じる費用をお支払いします。

損害賠償
請求費用
保険金
1回の事故につき、被保険者1名あたり300万円限度
法律相談費用
保険金
1回の事故につき、被保険者1名あたり10万円限度

補償選びのポイント

この特約をセットした場合の補償対象となる範囲

被保険者が偶然な事故により被害にあわれた場合で、相手方への損害賠償請求をあらかじめ当社の承認を得て弁護士などに委任したときに、お支払いの対象となります。

<被保険者の範囲>
(1)記名被保険者 (2)記名被保険者の配偶者 (3)(1)または(2)の同居の親族もしくは別居の未婚の子 (4)(1)〜(3)以外で、ご契約のお車に搭乗中の方

詳しくはPCサイトへ

他車運転危険補償特約(自動セット)

他車運転危険補償特約(自動セット)

他人の車を運転中の事故に備える特約

記名被保険者、その配偶者またはこれらの同居の親族もしくは別居の未婚の子が、臨時で他人の車を(*1)借りて運転中に起こした対人事故・対物事故・自損事故・車両事故(*2)について補償します。
なお、借りたお車の自動車保険の有無に関わらず、ご契約のお車の保険から優先して(レンタカーの場合は除く)保険金をお支払いします。

  • *1:自家用8車種の場合に限ります。
  • *2:車両保険をセットしている場合で、その車両保険の条件で保険金をお支払いできる事故に限り、借りたお車を損傷したことによるその持ち主への法律上の損害賠償責任について、対物賠償保険の保険金額を限度に保険金をお支払いします。
自家用8車種
自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車および特種用途自動車(キャンピング車)

詳しくはPCサイトへ

ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約

わずかな保険料で原動機付自転車の補償も追加できる特約

記名被保険者、その配偶者またはこれらの同居の親族もしくは別居の未婚の子が原動機付自転車(借用車を含みます)を運転中に起こした対人・対物・自損事故について保険金をお支払いします。

総排気量125cc以下の二輪を含み、総排気量50cc超125cc以下の側車付二輪を除きます。

詳しくはPCサイトへ

アクサ安心プラス

このパッケージは搭乗者傷害保険のご契約がない場合にはセットすることができません。

  • ファミリープラス

    ファミリープラス

    奥さまやお子さまの補償を充実させた特約パッケージ

    18歳未満のお子さまの補償を手厚く、家事従事者には家事労働費用を補償するなど、ご家族の安心を支えます。

    詳しくはPCサイトへ

  • レディースプラス

    レディースプラス

    女性ドライバーの不安をカバーする特約パッケージ

    事故による傷あとが残った場合、形成手術費用の補償や、携行品損害の補償など、特に女性ドライバーの方におすすめしたい特約です。男性のご契約者が女性のご家族のためにこの特約をセットすることもできます。男性もご利用可能です。

    詳しくはPCサイトへ

  • ペットプラス

    ペットプラス

    同乗のペットがケガを被った場合などをカバーする特約パッケージ

    ペット(犬または猫)をご契約のお車に乗せて移動される方におすすめしたい特約です。同乗のペットもケガを被った場合の治療費などをカバーします。

    詳しくはPCサイトへ

記号 プラス

しかも!いずれのアクサ安心プラスにも日常生活賠償責任保険がついています。

偶然な事故で、他人の財物(モノ)を壊したり、他人にケガをさせて賠償責任を負った場合に
損害賠償額を3,000万円まで補償します。また示談交渉も行います。

保険始期日によって内容が異なります。詳しくは、「重要事項説明書・保険約款」をご確認ください。

「95.3%が保険料に満足」:2015年7月〜9月他社から切り替えた新規ご契約者さま自社アンケート結果より

ページの先頭へ