2017/11/02

ペットの迷子防止にマイクロチップ。装着&登録費用は?

2017/11/02

img_microchip_kv

 発情期で家出をしてしまった、災害時にはぐれてしまった、旅行先で迷子になってしまった……。そんな万が一に備えて、「マイクロチップ」を装着しておけば、ペットが保健所等で保護されたときに、スムーズに飼い主さんと連絡が取れます。
 今回は、ペット用マイクロチップにかかる費用についてご紹介します。

マイクロチップの役割とは?

 環境省では、ペットの遺棄防止や迷子ペットの身元確認のために、「マイクロチップ」埋め込み義務化に向けて検討が重ねられています。
 マイクロチップには、15桁の数字が記録されています。その数字と、あらかじめデータベースに登録されている飼い主さんの情報とを照合することで、ペットの身元を識別することができます。

【参照】
環境省自然環境局「動物の愛護と適正な管理」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html

マイクロチップが装着されていれば、ペットが保護された時に飼い主さんに連絡することができます。

マイクロチップが装着されていれば、ペットが保護された時に飼い主さんに連絡することができます。

 マイクロチップについて詳しくは、「【迷子猫・迷子犬対策】マイクロチップ装着のメリットと費用」もあわせてご覧ください。

マイクロチップにかかる費用

 マイクロチップの装着にかかる費用は、大きく分けて二つです。
 一つ目は、動物病院に支払うマイクロチップ自体とその装着にかかる費用。そして二つ目は、データベース登録費用です。

  • 装着費用は約3,000〜10,000円程度
  • マイクロチップの装着は獣医療行為のため、動物病院で行います。費用は動物病院によって異なりますが、約3,000〜10,000円程度が一般的です。
    マイクロチップは直径約2mm、長さ約8〜12mmの小さなもので、装着は専用のインジェクター(注入器)を使用して行いますが、予防接種のようにごく短時間で終了します。基本的に麻酔等は使用しませんが、ペットの状況によって使用する場合は、別途その費用が加算されます。

装着は短時間で終わり、ほとんど痛みを感じません。

装着は短時間で終わり、ほとんど痛みを感じません。

  • 情報登録費用は1,000円、変更手続きは無料
  • マイクロチップを埋め込んだ後に、15桁の数字と飼い主さんの情報を紐付けるため、「動物ID普及推進会議(AIPO)」のデータベースに登録します。
    装着後に動物病院から渡される登録申込書に必要事項を記入し、登録手数料を振り込んだ後にAIPOに書類を郵送します。登録は2〜3週間で完了し、手続きが完了したら「登録完了通知」ハガキが郵送されます。
    引越し等によって一度登録した情報を変更する場合は、郵送、FAX、オンラインで行います。データの変更には費用は一切かからず、何度でも無料で行うことができます。

【参照】
公益社団法人 日本獣医師会「マイクロチップを用いた動物の個体識別」
http://nichiju.lin.gr.jp/aigo/microchip04.html

  • 自治体による助成金
  • マイクロチップの装着を促進するため、一部費用の助成事業を行っている自治体や獣医師会があります。マイクロチップの装着を検討している方は、「お住まいの都道府県や市区町村+マイクロチップ助成」で検索してみてください。

マイクロチップ専用の「リーダー」は自治体や保健所、動物病院などに備えられています。

マイクロチップ専用の「リーダー」は自治体や保健所、動物病院などに備えられています。

[例]
横浜市保健所:1頭につき1,500円(上限)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/genre/douai/subsidy/microchip.html
茨城県獣医師会:1頭につき2,000円
https://www.city.toride.ibaraki.jp/kankyo/kurashi/kankyo/pet/pettomaikuritippu.html
京都市:装着費用全額(情報登録料のみ飼い主負担)
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000206521.html

 実施期限や頭数制限、装着を行う病院に指定がある場合がありますので、自治体のウェブサイトや窓口でご確認の上、お問合わせください。

マイクロチップ装着による割引制度

 民間の保険会社による「ペット保険」は、マイクロチップを装着していると保険料の一部が割引になることがあります。
 アクサダイレクトのペット保険には、「マイクロチップ装着特約」があります。マイクロチップを装着したら、ペット保険のプランを見直してみましょう。

Keyword おすすめキーワード

↑