2019/05/21

犬の「リンパ腫」はどんな病気?治療法は?獣医師に聞きました

2019/05/21

img_lymphoma-dog_kv

 人間同様、犬の死亡原因第一位は「悪性腫瘍(がん)」です。「リンパ腫」も悪性腫瘍の一つですが、どのような治療を行うのでしょうか?獣医師の三宅先生にうかがいました。

「リンパ腫」はどんな病気?

—リンパ腫とは、どのような病気でしょうか?

  動物の体内には、リンパ球という細胞が巡っています。その細胞が増殖して悪性腫瘍(がん)となったのが「リンパ腫」です。

—リンパ腫は、すべて「悪性」なのでしょうか?「良性腫瘍」の場合もありますか?

 悪性度の違いはありますが、リンパ腫はすべて悪性腫瘍です。

—どこの部位に腫瘍が発生するのでしょうか?

 リンパ球は体中に存在しますので、どこの部位でも発生する可能性があります。
 その中でも多いのは、体の表面にある「体表リンパ節」に発生するケースです。

【犬の体表リンパ節】

犬の体表リンパ節

—リンパ腫ができたら、外側から腫れているのがわかりますか?

 発生部位が体表リンパ節であれば、触って気づくこともありますが、内臓など体内にできてしまった場合は、画像診断でしか発見できません。

—どのような原因で、リンパ腫になるのでしょうか?

 リンパ腫になる原因は、今のところ不明です。

—リンパ腫になりやすい年齢や犬種はありますか?

 中高齢に多く見られる病気で、アメリカでは、ゴールデン・レトリーバー、ボクサー、バセット・ハウンドが好発犬種として報告されています。

「リンパ腫」の治療方法は?

—リンパ腫だと診断されたら、どのような治療を行うのでしょうか。

 病気の進行度(ステージ)によって内容は異なりますが、積極的な治療を行うのであれば、基本的には人間同様に抗がん剤治療です。あわせて、ステロイドの内服などを勧められる場合もあります。
 病理検査や画像診断で内臓や末梢血への転移の有無などを調べ、治療の方針を決定します。

 犬のリンパ腫のステージは、以下のようになっています。

【犬のリンパ腫 ステージ分類】

ステージⅠ 単独のリンパ節やリンパ器官に限局
ステージⅡ 局所リンパ節の腫脹
ステージⅢ 全身のリンパ節の腫脹
ステージⅣ 肝臓、脾臓への浸潤
ステージⅤ 血液、骨髄、またはその他の部位への浸潤

各ステージはさらにa(臨床症状なし)またはb(臨床症状*あり)に分けられる。
(*)臨床症状:元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢などの症状

—外科的に腫瘍を取り除くことはないのでしょうか?

 リンパ腫の場合は、外科的治療は効果がないため行いません。

—人間は抗がん剤を使用すると副作用がありますが、犬も同様でしょうか?

 犬の場合は、人間のように脱毛などの副作用はあまり出ません。まれに吐いたりすることもありますが、人間ほど副作用で苦しむことはないでしょう。
 通院で抗がん剤治療を続けながら、日常では通常通り生活する犬もいます。

通院して定期的に抗がん剤治療を受けます。

通院して定期的に抗がん剤治療を受けます。

—治療をしない場合は、どうなりますか?

 ステージにもよりますが、短い期間で亡くなります。

—抗がん剤治療をすれば、腫瘍がなくなるのでしょうか?

 抗がん剤治療では、病状がおさまって「寛解」しますが、完治ではありません。寛解したとしても、その後、健康なときほど長く生きられるわけではありません。

 しかし、犬は人間の4倍のスピードで年をとります。寛解後の寿命が1年だったとしても、人間で考えると4年間生きたことになりますので、決して治療が無駄になるわけではありません。

体を触って、健康なリンパ節の状態を知っておきましょう

体を触って、健康なリンパ節の状態を知っておきましょう。

—リンパ腫を早期発見するために、飼い主さんができることはなんでしょうか?

 普段からスキンシップをとり、健康なときの体表の状態をよく触って覚えていてください。
 そうしておけば、何か異変があったときでも、気づきやすくなります。

 リンパ腫は死に至る悪性腫瘍ではありますが、抗がん剤治療が確立しているので、比較的治療を進めやすい病気だとも言えます。
 何か異常を発見したらすぐに動物病院で診察を受け、もしリンパ腫だと診断された場合はどのような治療をするのか、獣医師とよく相談してください。

三宅亜希先生
お話しいただいた先生 /
三宅 亜希 先生

日本で唯一の会員制電話どうぶつ病院「アニクリ24」院長。都内の動物病院にて小動物臨床に従事したのち現職。繊細なコミュニケーション力を生かし、小動物医療の現場で毎日寄せられている様々な相談に応じている。

Keyword おすすめキーワード

↑