2016/05/31

犬の誤飲・誤食を防ぐために|安全に応急処置できる対処法一覧付き

2016/05/31

img_accidental_ingestion_kv

 犬の誤飲・誤食はよく挙げられる事故ですが、病院に連れて行くべきか判断に迷うところ。そこで、犬の誤飲・誤食はどの段階で病院に連れて行くべきなのか、誤飲・誤食しやすい物や誤飲・誤食を防ぐ方法まで獣医さんに聞きました。

犬が食べ物以外を誤飲・誤食してしまった時はすぐに病院へ

おもちゃで遊んでいて、その破片を飲みこんでしまうこともあります

おもちゃで遊んでいて、その破片を飲みこんでしまうこともあります

—散歩時に砂や石ころを食べてしまうなど誤飲・誤食があった時、犬がけろっとしていたら様子を見ていて大丈夫ですか?

 中毒を起こすような物質ではなく、さらにつまる恐れのない小さな物であれば、便と一緒に排泄されるのを待つこともできます。
 しかし、ある程度の大きさのものは消化管の通過障害を起こす危険があります。
 通常、食べ物は胃内に2〜3時間ほどは残っているため、誤飲・誤食から数時間以内であれば、受診して内視鏡などで取り出してもらうことができるでしょう。場合によっては、催吐させることもあります。

—病院で吐かせるのであれば、家でも吐かせることはできそうな気がします。ネットでは逆さまにして吐かせるとか、背中を強く叩くといった方法を見かけたのですが。

 そうですね。喉で詰まった場合などは背中を叩くなどで吐き出してくれることもあるかもしれませんが、胃内に入ったものを嘔吐させるのはまず無理でしょう。ネットなどでは、食塩を使った催吐方法などが書かれていることもありますが、高濃度の食塩を取りすぎることや、嘔吐が止まらなくなることなどの弊害を考えると、きちんと受診して処置してもらうのが一番です。

—誤飲・誤食で病院へ連れて行くとどんな治療をするのですか?

 一番安全なのは麻酔下で内視鏡を用いて胃から取り出す方法ですが、催吐させることもあると思います。催吐させた場合は、これ以上嘔吐が続かないように吐き気止めの注射を使ったり、嘔吐による脱水防止で点滴を行うこともあります。これらの方法で取り出せない場合は、開腹手術によって摘出します。その際はもちろん入院が必要です。

飲み込んだ物や詰まった場所によっては入院が必要なことも…

飲み込んだ物や詰まった場所によっては入院が必要なことも…

誤飲・誤食の事例

—やっぱりお医者さんに診てもらうのが大切なんですね。誤飲・誤食するものは色々ありますが、「これを誤飲・誤食したらすぐに病院に連れて行くべき」という物はありますか?

 個体差があるので一概には言えませんが、タバコや人薬など中毒の心配があるもの、竹串や画鋲など消化管を傷つけそうなものなどは本当に気をつけたいところです。また、ある程度の大きさのものを丸呑みした場合なども同様です。

—大きなかたまりですか?犬ってあんなに立派な歯があるから噛んで飲み込めそうですけど……。

 犬の歯はたべものを引きちぎるために使われることが多く、草食動物のようによく咀嚼(そしゃく)することはありません。また、何か口にくわえているのを飼い主さんが発見すると、ついつい「だめ!」など大きな声を出して取り上げようとするため、犬も取られまいと慌てて飲み込んでしまうことも多いんです。

—でしたら、大き目のおやつなども丸呑みしないように注意したほうがいいですね。ところで、誤飲・誤食の後に食事を与えるのはダメなんでしょうか。

 誤飲・誤食の際は受診してレントゲンを取ることが多いので、何も食べさせずに病院に行ったほうがいいでしょう。また、麻酔をかけて取り出すことになった際も、胃内に食べ物があると麻酔時に嘔吐して誤嚥するおそれもあります。
 誤飲・誤食したものが、取り出す必要のない食べ物だった場合も、おなかを休ませるために食事は控えた方がいいでしょう。

犬は本能的に誤飲・誤食をしやすい生き物

自宅に咲いている植物も犬にとって有害な物があるので、手の届かないところに置きましょう

自宅に咲いている植物も犬にとって有害な物があるので、手の届かないところに置きましょう

—犬が誤飲・誤食しやすいものは何でしょうか?

 人の食べ物が多いです。おいしそうな匂いもしますし、飼い主さんが食べているものなので興味を持ちやすいのでしょう。それと同じ理由で、タバコや人の薬など、飼い主さんが口にしているのを見ている事で誤飲・誤食につながるケースもあります。
 また、洋服のボタン、おもちゃのきれはし、ペットシーツ、ダンボール、観葉植物も多いです。観葉植物は毒性のあるものも多いため、注意してください。
 やわらかいティッシュなどは保湿成分として含まれているグリセリンによって舐めると甘味を感じるため、普通のティッシュよりも誤飲・誤食は増える傾向にあると思います。
 食べ物だと、2〜3月はチョコレート、12月はチキンの誤食が増えます。どれも注意したいものですね。

—三宅先生のところにも誤飲・誤食の相談が多く寄せられるとのことですが、なぜ犬はよく誤飲・誤食をしてしまうのでしょうか?

 食べ物の誤飲・誤食に関して言えば、「今度いつエサにありつけるか分からない」という本能的な思いから、目の前の食べ物を積極的に食べる傾向はあります。異嗜(いし)といって、食べ物以外の物(石など)を好んで飲み込んでしまうこともあります。
 また、子犬に関しては、人間の子どもと同じように興味をもったものは口に入れるため、うっかり飲み込んでしまうという事故もあるでしょう。

日頃のしつけが鍵!誤飲・誤食を防ぐ方法

ゲーム感覚で日頃から訓練することで誤飲・誤食を予防できます

ゲーム感覚で日頃から訓練することで誤飲・誤食を予防できます

—誤飲・誤食を起こしやすい年齢や犬種はありますか?

 やはり子犬が多いですが、大きくなっても誤飲・誤食を繰り返すこともあります。
 また、大型犬など口が大きい犬種では、「こんなものはまさか飲み込めないだろう」と油断していると比較的大きなものを飲み込んでしまうこともあります。

—誤飲・誤食を防ぐためには、犬が届かない場所にものを置く、なるべく散らかさないようにする以外に対策はありますか?

 一番大切なのは、物を置かずに誤飲・誤食を事前に防いであげることです。ただ、訓練しておくことも有効です。
 例えば、号令によりくわえているおもちゃを離したらおやつをあげ、さらにすぐおもちゃも返してあげる、という遊びを繰り返していれば、犬は「くわえているものを飼い主さんに渡すといいことがある!」と思い、咄嗟のときに号令をかけることで、飲み込まずに口から離してくれることが期待できます。
 散歩中の拾い食いなどは、物理的に食べられないように口輪をするのが安全ではありますが、室内で、リードをつけ、床におちているフードを拾い食いせずに通り過ぎることができたらご褒美をあげるという練習もいいでしょう。
 また、当然のことですが、人の食べ物は与えないようにしましょう。テーブルの上、ゴミ箱、キッチンなどに必要に以上に興味をもたれると大変です。

 人間の食べ物を分け与える時も、日頃からお皿に盛って食べさせるようにしましょう

人間の食べ物を分け与える時も、日頃からお皿に盛って食べさせるようにしましょう

—飼い主さんが気をつけることで誤飲・誤食は防げるんですね。

 誤飲・誤食は飼い主さんの不注意が原因で起こってしまうことが多く、中毒症状を起こしたり、開腹手術が必要になった際には、自責の念にかられる方も少なくありません。是非、日々、気をつけてあげてくださいね。

犬が誤飲・誤食するものと対処法一覧。

三宅亜希先生
お話しいただいた先生 /
三宅 亜希 先生

日本で唯一の会員制電話どうぶつ病院「アニクリ24」院長。都内の動物病院にて小動物臨床に従事したのち現職。繊細なコミュニケーション力を生かし、小動物医療の現場で毎日寄せられている様々な相談に応じている。

▼コチラの記事もCheck!▼

ペット保険の補償対象をおさらい!避妊や誤飲はカバーできるの?[vol.2]

→実は気になっているペット保険。「うちの子は大丈夫」と思っていても、病気やトラブルに遭う可能性は0ではありません。人間よりも数倍早く歳をとるペットのために、飼い主が知っておきたいペット保険の基本を紹介します。

 

犬も歯周病にかかる!主な症状・治療法と上手に歯磨きをするコツ

→人間だけでなく犬にもかかる「歯周病」。予防方法や、もし歯周病になってしまった時の治療法、犬が嫌がらない歯磨き方法をご紹介します。

 

ペットの治療費は意外と高額?いざという時のためのペット保険の基本[vol.1]

→意外と気になるペット保険。「うちの子は大丈夫」と思っていても、トラブルに遭う可能性は0ではありません。人間よりも数倍早く歳をとるペットのために、飼い主が知っておきたいペット保険の基本をご紹介します。

Keyword おすすめキーワード

↑